遺産分割について

親権者と未成年の子供との遺産分割について

親権者と未成年の子供が相続人の場合の遺産分割協議は、未成年のために特別代理人を選任して行う必要があります。

未成年の子供の親権者である父又は母が、その未成年の子供との間で、
互いに利益が相反する行為(法律的には利益相反行為といいます。)をするには
“親権者と未成年の子供との遺産分割について” の詳細は »

3つの相続の方法と、それぞれの特長について

人がなくなって相続が発生した場合、相続人は3つの方法から相続する方法を選びます。それぞれの方法には特徴があるので、理解したうえで判断しましょう。

人が死亡し相続が開始した場合、亡くなった人の相続人は、下記の三つの方法から
いずれかの方法で相続することができます。
“3つの相続の方法と、それぞれの特長について” の詳細は »

遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど

遺言に残しても法律上の効果が認められない事項もありますが、最後のお願いを残すのも良いのです。

人が死んだ後には必ず相続が発生します。相続手続きの中でも遺産分割は
トラブルに発展することもあります。
“遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど” の詳細は »

遺産分割協議がうまくまとまらない時には

遺産分割は相続人全員の合意が必要ですが、まとまらない場合は法律の力を借りることもできます

遺産分割において相続人同士で争いが起きないために
公平に遺産分割をするための法定相続分が法律で定められています。
“遺産分割協議がうまくまとまらない時には” の詳細は »

相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。

相続税は、受け取った方が受け取った分の割合で納税することとなります。

夫婦の財産は、2人で築きあげたものです。
夫名義のものも、実質的には、半分は妻のものと考えられています。


“相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。” の詳細は »

印鑑証明書の期限って必ず3ヶ月なのでしょうか

相続のお手続きには、司法書士や税理士などの国家資格者と連携してやらなければならないことが多いです

今朝、ニュースで秋刀魚が例年よりも高いといっていました。
秋刀魚といえば、お安く買えて美味しい魚の代名詞なのに残念です。
“印鑑証明書の期限って必ず3ヶ月なのでしょうか” の詳細は »

知らない不動産があった、なんてことが起こりえます

自分がどこに不動産を所有しているかきちんと把握されていますか?

亡くなられた方が「不動産」をお持ちの場合、注意していただきたいことがあります。
毎年、4月の下旬から5月頃に不動産の納税通知書が市役所や区役所などから届きますよね。

“知らない不動産があった、なんてことが起こりえます” の詳細は »

« 過去の記事