金利について

包括契約は貸金業法の適用のある契約です

包括契約を締結した後、借入限度額内で貸し付けを受けたとき、その貸付を「個別貸付」といいます。

包括契約とは、貸金業者との間で当初の取引開始時に一定の融資限度額と、
利率や返済方法など、貸付と返済の具体的条件を定めて、その後、反復継続して
貸付と返済をするという方式の契約をいいます。
“包括契約は貸金業法の適用のある契約です” の詳細は »

過払い金って?

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています

過払金とは、文字通り、払いすぎた金銭をいいます。

特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入をした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに、返済を続けたため、払いすぎた金銭をいいます。

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています。よって、これを超える部分は無効となります。


“過払い金って?” の詳細は »

利息に関する法規制について

債務の任意整理をするにあたっては、かかる「みなし利息」についても債務者からきちんと詳細を聞き出しておきましょう

適用する利率の判断については具体的な事例において
どの利率とするかの判断を必要とする場合があります。
“利息に関する法規制について” の詳細は »

多重の債務者の発生の抑制と法改正

多重債務とは、複数の消費者金融などから借り入れることで、最初は1社から借り入れていたものが、返済や利息の支払いに追われ、新たな業者から借り入れを重ねていく状態をいいます。

多重債務とは、複数の消費者金融などから借り入れることで、最初は1社から借り入れていたものが、返済や利息の支払いに追われ、新たな業者から借り入れを重ねていく状態をいいます。
つまり、借金を返すために、あらたに借金を繰り返していく、まるでアリ地獄と同じような状態を多重債務と呼んでいます。
「毎月の支払い日が近くなると憂うつになる」


“多重の債務者の発生の抑制と法改正” の詳細は »