気軽に司法書士事務所に依頼してみよう

過払金の請求を専門家に依頼するときに、弁護士と司法書士、どちらに依頼
しようか迷うところでしょう。

弁護士と司法書士の違いは、司法書士には140万以下の代理権しかないと
いうことです。弁護士の代理権に上限はありません。

ですから、まず自分の過払金がいくらなのかを知る必要があります。
自分で債権者から取引履歴を取り寄せ、法定利息で引き直し計算を
してみると、おおよその過払金の額がわかります。

過払金の額が140万円を超えていなければ、司法書士をお勧めします。
司法書士事務所の費用は、弁護士事務所の費用より抑えられていること
が多いからです。

また、任意の交渉でも、粘って満額まで取り戻してくれます。
(私たちの事務所は、ものすごく粘り強いですよ)

訴訟になった場合は、司法書士が代理人として簡易裁判所に出廷しますので、
依頼者様にご負担にはなりません。

万が一、司法書士に依頼した後に、140万円以上過払い金があることが
わかった場合は、当事務所ではすみやかに連携している弁護士さんを
ご紹介します。

«
»