過払金を取り戻そう

過払金を狙った悪質な事務所に騙されないために

過払金の回収を専門家に依頼しようと決めたら、必ずどんな事務所なのか、 どんな弁護士・司法書士なのかを自分の目で確認することが大切です。

テレビやラジオなどや、新聞折り込みのメディアや
ポスティングでは頻繁に宣伝を行っている弁護士事務所や
司法書士事務所があります。
“過払金を狙った悪質な事務所に騙されないために” の詳細は »

気軽に司法書士事務所に依頼してみよう

昔、消費者金融に借入があった方、思い出したくない過去かもしれません。 でも、完済から10年以内なら、過払金があるかもしれませんよ。

過払金の請求を専門家に依頼するときに、弁護士と司法書士、どちらに依頼
しようか迷うところでしょう。

“気軽に司法書士事務所に依頼してみよう” の詳細は »

簡易裁判所と地方裁判所の違い

貸金業者も裁判ですんなりと過払金を認めるくらいなら、最初から和解に応じるでしょう。 裁判ではあれやこれやの戦略を用いて、和解するように仕向けてきます。

請求金額が140万円以下であれば、簡易裁判所に、140万円を
超える場合には地方裁判所に訴訟を提起することになります。
“簡易裁判所と地方裁判所の違い” の詳細は »

過払金の返還があった場合、税金かかりますか?

過払金の返還がなされた場合、その返還金額を所得として申告し、税金を納めないといけないのでしょうか?答えは、否です。

過払金が返還された場合に,その過払金の返還金に対して税金を払う必要があるのか?

“過払金の返還があった場合、税金かかりますか?” の詳細は »

過払い金とは何か?請求しても大丈夫なの?

過払金の返還を請求する手続きは、「貸金業者へ、違法な金利を長年に渡り返済し続けて来た利用者が払い過ぎた利息(過払金)を取り戻す」という裁判所も認めている正規の手続きです。

キャッシングをした場合、借主は通常、お金を借りた貸金業者に対して利息を払いますが、昔から利息制限法という法律で「総額10万円以上100万円未満の借入の利息は、18%以下にしなさい」と明確に定められています。

しかし、これまで貸金業者は、そういう法律があるにもかかわらず、ほとんどの会社がこの法律に違反し、18%以上の利息を長年取り続けていました。その後、最高裁判所は「貸金業者は、過払金を利用者に返還しなさい」と判決しました。


“過払い金とは何か?請求しても大丈夫なの?” の詳細は »