相続の各種の手続きについて

死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります

推定相続人が被相続人に対して殺人・脅迫・詐欺などの違法行為をした場合、当然に相続人になる事はできません。

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情で
相続権を失った場合に、その子や孫が代わって相続人となることです。
代襲によって相続をする人が代襲相続人です。
“死亡・廃除・欠格の場合には代襲相続があります” の詳細は »

財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?

遺言者は、自分の財産を与える対象を自由に決めることができます。 その対象者は相続人だけに限られないため、相続人以外の人や団体等にも自由に財産をあげることができます。

遺言では、自分の死後に自分の財産をどのように処理するかをきめることができます。
財産を処分するということは、自分のの財産を誰回贈与するということです。
“財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?” の詳細は »

相続財産の内容と価値を知るためには

相続手続きを進める上で、財産の何を誰が相続するか決めるためにも、その内容や価値を正確に知ることが大切です。

相続問題は突然発生することが多いですし、相続の手続きに慣れているという人も
いないものです。しかし、多くの手続きを一つずつ進めてゆかなくてはなりません。


“相続財産の内容と価値を知るためには” の詳細は »

家督相続の制度とはどのようなものだったのか

旧民法では家督相続制度があったので、被相続人の死亡時期によっては相続方法が異なります。

相続の制度はこれまでにいくつかの変更をを経て現在の形式となっています。
中でも大きな変更は昭和22年の大改正です。
この時に従来の相続の方法であった家督相続制度が廃止となりました。

“家督相続の制度とはどのようなものだったのか” の詳細は »

不在籍証明書と不在住証明書とは何だろう

不在籍・不在住証明書は登記簿上に記載された人物と被相続人が同一であることを証明する時に使っています

ブログのタイトル通り、不在籍証明書・不在住証明書という書類があります。
一般的には不在籍不在住証明書とまとめて言われることも多いです。
あまりなじみがないかもしれませんがどういったときに使われるのでしょうか。
“不在籍証明書と不在住証明書とは何だろう” の詳細は »

« 過去の記事