ニューヨーク一人旅に向かう朝

この夏休み、娘がニューヨーク一人旅に行ってます。
貯めたアルバイト代で、
どんどん計画をたて、

初めてのクレジットカードを作り、
自分で格安ホテルを予約し、
格安飛行機のチケットをとりと
一人で突き進んでいました。

大都会ニューヨークに一人で行くなんて、
心配で心配で、私は大反対でした。

もともと、自分のやりたいことは必ず実現し、
いつも親には事後報告の娘なのです。
私の心配なんて無視です

でも、その逞しさは
ちょっと誇りに思うとこでもあります。

そしていよいよ出発の朝の出来事です。
心配で心配でしょうがない私は、
玄関を出ていく娘に、
「忘れ物ない?
パスポートもった?
ビザは?」とオロオロ。

娘はうるさそうに、
「パスポートもった。
アメリカ旅行にビザいらない」

えっ?そんなはずは?
「ちょっとまって、いるよ、
エスタ申請しないとアメリカ入国できないよ!」

もうそこから心臓バクバクです。
ともかく娘は成田に向かわせ、
私がエスタ申請をするしかない。

ESTA申請公式サイトから申請するのですが、
なんか、日本語翻訳が変。
間違えて入力すると2度と許可にならないとか、
72時間前までに申請してとか、
嫌な情報ばかりが目につくのです。

せっかく娘が自力でここまで計画したのに、
成田で出国できないなんて
それはあまりにもかわいそうと、
もう必死でした。

そして、変な和訳と格闘すること1時間半。
なんとか申請ボタンをクリック。
待つこと数分。

画面が切り替わると、「承認保留」

もうダメかも、と涙が出そうになったその時、

「承認」

やったー!
すぐに娘に連絡し、メールでしたが
手を取り合って喜びました。

そして無事にニューヨーク一人旅を
今日も楽しんでいるようです。

逞しいけど、ちょっとおまぬけさんな娘よ、
たくさんのお土産話をまってるよ。
無事に帰ってきてね。

«