たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)

民事再生とは、基本的に債権者と債務者の話し合いにもとづいて、
債務者が完全に破綻してしまう前に、何とか再生が図れるように
することをめざした法律です。

会社などの法人でも個人でも、どちらでも利用でき、
破産手続きとは違って、債権者自身が財産の管理処分権を
持ち続きます。

個人の場合、住宅ローン債務者や少額債務者のための再生手続きがあります。
たとえば、住宅ローンの支払いに非常に苦労しているが
生活の本拠である自宅を手放したくない人、あるいは、
支払不能とまではいかないものの、約束通りの支払いが困難に
なっている人が、個人民事再生の制度を利用できます。

通常の民事再生手続きは、会社更生法などのほかの倒産処理手続きに
比べれば迅速で機能的な手続きですがそれでも複雑な制度です。
個人民事再生手続は、さらに手続きを簡略化して、利用しやすい
ものになっています。

たとえば、通常の民事再生では、債権者集会を開かなければなりませんが、
個人民事再生ではその必要はありません。

«