債務整理とはどのような手続か

たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)

それは、個人民事再生という手続きを利用することです。 個人民事再生は、通常の民事再生手続きに比べると、その手続きがシンプルでしかもスピーディーです。

民事再生とは、基本的に債権者と債務者の話し合いにもとづいて、
債務者が完全に破綻してしまう前に、何とか再生が図れるように
することをめざした法律です。
“たとえ過払金がなくても、債務を減らせる方法はあります(その1)” の詳細は »

未成年の子に借金があるようなのですが。

未成年の子が借金をした場合、親に返済義務はあるのか?また、未成年の子の借金を取り消すことはできないのか?

東京の大学に通っている未成年の子が借金を作ったみたいで、
親に請求が来た場合未成年の親には返済義務はあるのでしょうか?
“未成年の子に借金があるようなのですが。” の詳細は »

過払金の返還裁判では圧倒的に有利なのです

裁判をするという負担はあるものの、早期の支払いにつながっていくかもしれません。

裁判になれば、圧倒的に借り手のほうが有利で、ほとんどが勝訴することになります。
債権者は、裁判を起こされると、ほとんど敗訴することを知っているので、
裁判を避けようとします。
“過払金の返還裁判では圧倒的に有利なのです” の詳細は »

個人再生手続きを利用できる人は決まっています。

個人再生手続きを利用するための要件は、法律上明確に決められており、当てはまらない人は利用できません。

小規模個人再生という手続きは、誰でも利用できる訳ではありません。小規模個人再生手続きの要件というものがあり,2つの場面における要件を考えておく必要があります。


“個人再生手続きを利用できる人は決まっています。” の詳細は »

任意整理は誰が行っても同じ結果になるの?

任意整理はどの弁護士・司法書士に依頼しても、同じ結果になるとは限らないということです。医者と同様に得意分野がそれぞれあるのです。

借金が増えて、少しでも返済額を減らしたいとお考えの方は、任意整理というお手続きがお勧めです。

任意整理の詳しいお手続の説明はここでは割愛しますが、一番大事なことは任意整理はどの弁護士・司法書士に依頼しても、同じ結果になるとは限らないということです。


“任意整理は誰が行っても同じ結果になるの?” の詳細は »

個人再生手続きの種類や内容について

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし(実際どのくらい少なくなるかは下記を参照下さい),その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。もちろん将来の利息も免除です。

個人再生手続には,次の2つの種類が法定されています。


“個人再生手続きの種類や内容について” の詳細は »

過払い金って?

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています

過払金とは、文字通り、払いすぎた金銭をいいます。

特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入をした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに、返済を続けたため、払いすぎた金銭をいいます。

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています。よって、これを超える部分は無効となります。


“過払い金って?” の詳細は »

過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?

安心して債務整理を依頼できるところを選びましょう。

一般的には弁護士さんは訴訟等の代理人、司法書士さんはその法律にかかる文書の作成や登記等手続きの代行をするのが仕事です。

しかし、簡易裁判所の訴訟代理等関係業務にかかる認定を法務大臣から受けた司法書士は名前のごとく簡易裁判所の訴訟に関しては代理人を務めることができ、他には調停、裁判所以外の民事の紛争も代理人として業務を行うことができます。
“過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?” の詳細は »

利息に関する法規制について

債務の任意整理をするにあたっては、かかる「みなし利息」についても債務者からきちんと詳細を聞き出しておきましょう

適用する利率の判断については具体的な事例において
どの利率とするかの判断を必要とする場合があります。
“利息に関する法規制について” の詳細は »

信用調査はどう見ておく?

住宅ローンに限らず返済履歴が悪いということはどこの機関でもキャッシングをしてくれないことは普通

■他の金融機関に借入がないか
■消費者金融に借入がないか(残高が多い、複数借り入れなど)
■クレジットカードに延滞がないか・・・・など
キャッシングをするうえでチェックされる項目です。
しかしブラックリストにのってしまうと
多重債務に苦しんでしまうことも少なくありません。
« 過去の記事