設立について

社会保険の手続きを忘れずにしましょう

社会保険は、法人であれば従業員の人数にかかわらず強制適用です。取締役1名でも加入しなければなりません。

病気やけがをしたときの医療保険である健康保険と、老後の年金制度である厚生年金保険をまとめて「社会保険」といいます。求人広告でよく見る「社保完備」の「社保」とは、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の4つです。
“社会保険の手続きを忘れずにしましょう” の詳細は »

起業して社会に貢献し家族のための相続にも役立てる

商法うの改正で会社をつくりやすくなった。起業家にとってはチャンスだろう。相続の対策にもなる。

資本金はあくまでも帳簿上の数字となってしまうケースも多いことや、その後も、ベンチャー企業のように資本金を必要としないビジネスも増えてきた背景から、2006年5月より「新会社法」が施行されました。
“起業して社会に貢献し家族のための相続にも役立てる” の詳細は »

どのくらいの税金の違いがあるのか

会社と個人で税金はどの程度の違いを生むのか、それは事業の内容などによって異なる。

では、いったいどこで節税ができるのでしょうか?

法人化した場合、あなたが受け取る給与は、役員報酬として会社の「必要経費」に該当しますので、会社自体の税金が安くなります。
“どのくらいの税金の違いがあるのか” の詳細は »

会社設立と法人税を一から学ぶ

法人の所得にかかる税には、 地方税分である法人事業税、法人道府県民税や、 地方法人特別税などがあり、これらの税の影響をうけ、 法人には税率が課されます

連結納税制度と会計分野における連結会計とは、
その手法や目的が異なるため、例えば連結会計における
連結利益を基礎として課税連結所得を算出するようなことはありません。
“会社設立と法人税を一から学ぶ” の詳細は »

会社設立と廃業

分配金が残らなくてもかまいません。 会社が清算する場合、分配金がない方が実例では多いです。

決算報告書の株主総会の決議日が清算結了の日になり、
これで会社の解散清算が終了します。

解散と生産の流れをまとめてみますと

●株主総会で解散決議

●株主への解散通知

●解散及び清算人の登記
“会社設立と廃業” の詳細は »

会社設立と精算方法

統計によると3年継続している会社は全体の5割とか。 今の不況の世の中、不幸にして事業を続けていくことを あきらめなくてはならないこともあるでしょう。

会社の廃業手続きはどのようにしたらいいでしょう?
設立の話をしている時に、解散、廃業の手続きを学ぶのも
何となくおかしなものですが、事業を続けていくという
ことはとても大変なことです。

統計によると3年継続している会社は全体の5割とか。
今の不況の世の中、不幸にして事業を続けていくことを
あきらめなくてはならないこともあるでしょう。
“会社設立と精算方法” の詳細は »

事業の資金のまかないと会社の設立

お住まいの市町村の融資制度を利用し保証協会の保証付きで申し込むことも検討してもいい

事業関係では、
事業の運転資金(売掛金入金までの肩代わりとなる資金需要など)
事業用の資産(工場、機械設備など)購入 や
他社の株式購入(M&A含む)などの際に
融資が必要なことが多いのです。
“事業の資金のまかないと会社の設立” の詳細は »

会社設立とインターネットのかかわり

実は、個人事業としての出店は認めていますが個人の出店は認められていないことがほとんどです。 また審査があって、出店基準に照らし合わせて必ず出店できるとは限らないのです。

最近はインターネットのホームページを持っている
会社がほとんどです。
会社や個人事業主がインターネット上にホームページを
開設したり、メールアドレスを取得するときの
ドメインについてみていきましょう。
“会社設立とインターネットのかかわり” の詳細は »

事業生かすにも会社設立を

相続だけでなく売買や合併などで譲渡をする 場合も個人事業では継続が困難な場合もあります。

会社の場合は代表が変わっても認可の要件を
満たしていれば代表者の変更手続きをするだけで
大丈夫なのですが、個人事業の場合は
上記などの時間のかかる煩雑な手続きを最初から
やり直ししなくてはいけません。

“事業生かすにも会社設立を” の詳細は »

会社設立と事業譲渡について

経営者の親族以外のモノが次の代表者となる割合は40%ということで、相続以外の理由で事業を譲るということが多いことが解ります。

会社組織の場合、親族以外に事業活動を引き継ぐケースも
あります。

たとえばいったん始めたビズネスを途中でやめたり
断念する場合は業績の悪化や、事業主が病気であったり
無くなったりした場合、独立など様々な理由が
あげられます。
“会社設立と事業譲渡について” の詳細は »

« 過去の記事