会社について

未支給年金って妻でないともらえないのか

未支給年金のお手続ができる人には、順番があるし、受け取るための要件があります。

相続手続きといっても、色々なお手続があります。
不動産の名義変更、税金のこと、年金手続、預貯金の解約や名義変更の手続き、
株式の名義変更、ライフラインの引落口座の変更や、契約者変更などなど。
“未支給年金って妻でないともらえないのか” の詳細は »

準確定申告って、どんなことなのか?

きちんと理解したうえで、相続の手続きを行うと良いでしょう。特に税金関係は、よく確認して進めましょう。

通常、所得税の申告は、1月1日から12月31日までに発生した
収入に対して計算され、翌年の2月16日から3月15日の間に、確定申告と納税をします。


“準確定申告って、どんなことなのか?” の詳細は »

強い気持ちが成功に結び付きます

起業するということは、予想外の出来事に多く直面するということ

 会社を設立しようという動機は人それぞれですが、いずれにしても「苦労をせずに大成功」ということはないでしょう。
苦労を納得できるだけの動機の強さがあるかどうか、自問自答してみましょう。
“強い気持ちが成功に結び付きます” の詳細は »

任意整理って一体どういうことなんでしょうか?

司法書士を介して債権者(消費者金融等のお金を借りた相手)と交渉をして、今後のご返済の計画を立てます。

債務整理は、その名のとおり借金を整理する方法の総称です。債務整理手続きにはいくつかの種類があります。

債務整理のひとつ「任意整理」は、消費者金融等の債権者と話し合い、借金を解決する方法をいいます。

任意整理の内容は主に下の5点です。
“任意整理って一体どういうことなんでしょうか?” の詳細は »

小規模宅地の特例について

特典を受ける人は納税の必要がなくても申告をしなければなりません

事業用宅地 ・・・・・・・・

相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、
下記の条件を満たせば、400平方メートルまで80%を減額することができます。

ただし、申告期限まで宅地を保有していないときは、

200平方メートルまで50%を減額することになります。
“小規模宅地の特例について” の詳細は »

110万円までは非課税の落とし穴

相続税を心配するなら、毎年110万円づつの贈与も相続税対策の一つになります。事前にできる対策を検討してみましょう!

親が子に対して毎年110万円ずつ贈与し、子供名義の預金口座に貯めておくといった話があります。
これは、贈与税の基礎控除が110万円まで認められているためです。
税務署に、自分の預金であると認めてもらうには、次のような「実態」が必要です。
“110万円までは非課税の落とし穴” の詳細は »

債務整理の多重債務とは

債務整理の多重債務はほとんどが金利の支払いに追われる不当な場合が多い。一度、専門家に相談して払いすぎた金利などが無いようにしたい。

多重債務とはどのような仕組みになって陥るものでしょうか。

債権整理で多重債務になっていることは多いものです。

その意味としてはそのままで「債務を多く負ってしまう」ことを

さします。ひとつの債務だけでなく多くの債務を負うことで

債務整理も困難になってしまうわけです。

その多重債務に陥った人のことを多重債務者とよびます。

多重債務者は1社からの借り入れではなく、複数に借入を行っている

ことがほとんどで債務整理も複雑になってしまいます。
“債務整理の多重債務とは” の詳細は »

小規模な個人のための再生の債務整理手続

債務整理の小規模個人再生を覚えておくと該当する場合、再生計画の近道になることもあります。

小規模個人再生とは将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあること、
かつ、再生債権(債務者が抱える債務のうち、公租公課を除いたもの)の総額が5000万円を超えない個人である債務者が行う民事再生をいいます。
“小規模な個人のための再生の債務整理手続” の詳細は »

債務整理の給与所得者等再生

債務整理で一定の給与所得者は独自の再生法も利用できる。しかし、条件に注意。

債務整理の中で、小規模個人再生を申し立てることができる(利用できる対象者については、無担保の借金が5000万円以下で安定した収入がある個人が対象でとなる制度です。)という者のうち、給与又はこれに類する定期的な収入を得る見込みがあり、その変動の幅が小さいされる人だけが適用される民事再生法を給与所得者等再生といいます。小規模個人再生の対象になる人のうち一般のサラリーマンなど将来の収入が確実に得ることができる人が対象の手続を具体的には指し、適用条件は以下の通りです。債務整理において自分が該当しているかどうかを確認してみましょう。

利用できる人達は以下のような人達です。

サラリーマン、公務員、年金・恩給受給者、契約・派遣社員(長期の契約等が前提になる場合)、歩合が大きくない歩合制社員、アルバイト・パート・フリーター(継続的に仕事をし、安定した収入を得ている場合)。

給与所得者等再生の適用条件とは

1.収入が定期的で変動の幅が小さいこと

2.債務の総額が5000万円以下

3.過去10年以内に破産免責決定等など受けていない

4.最低弁済基準の王権を満たす

逆に、再生計画を利用できない人は以下の用件に当てはまる人です。

★自営業者

★再生計画、再生手続に法律違反がある場合

★弁済総額が最低弁済額に達していない場合

★債務者に給与収入やそれに類する定期的な収入の見込みがない、またはその額の変動が小さいと見込めない場合

★再申立制限に抵触している場合

★可処分所得での弁済要件に反している場合

★再生債権総額から、弁済が受けられる額等を控除した額が、5,000万円を超える場合

給与所得者等再生は可処分所得を返済額とします。

年間の手取収入から税金と年間最低生活費を引いた金額の2 年分のことを表しているものとされ、可処分所得の割り出し方は、 収入-(税+保険料+最低限の生活費)

年間収入は、源泉徴収票の支払額になります。

社会保険料(源泉徴収票の社会保険等の金額)

国税(源泉徴収票の源泉徴収額)

住民税(納税証明書)

最低限の生活費となります。

« 過去の記事