アーカイブ: 2016年3月

自己破産における裁量免責とは

破産法で定める「免責不許可事由」がない場合は、裁判所は免責の決定をしなければなりません。

 個人が破産をした場合には、免責の決定があって初めて債務(借金)がなくなります。
自己破産をする目的は、免責決定をもらうことにあります。
“自己破産における裁量免責とは” の詳細は »

実は土地の価格はひとつではありません

土地の価格といっても実際にはさまざまな算出方法によりいくつもの価格があります。

相続財産というと預貯金など様々なものがありますが、実はその
ほとんどは土地や建物の不動産といわれています。

“実は土地の価格はひとつではありません” の詳細は »

遺族年金の裁定請求をしましょう

年金は、毎月支給されるのではなく、前月と前々月分が2月・4月・6月・8月・10月および12月に支給されることになっています。 つまり、年金の支給を受けている人がいつ亡くなっても、「残りの年金」が発生することになるわけです。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。
「遺族年金」というのは、実は正式な呼び方ではありません。国民年金から支給される
“遺族年金の裁定請求をしましょう” の詳細は »

債務引き受けの意義について

債務引き受けには2種類あり、免責的債務引き受けと重畳的債務引き受けがあります。

債務引受けとは、債務をその同一性を失わせないで債務引受人に移転することをいいます。
また、債務引受けには、免責的債務引受けと重畳的債務引受けとがあり、いずれも債務引受けに含まれます。
“債務引き受けの意義について” の詳細は »