アーカイブ: 2016年2月

自己破産でもゼロにならない負債について

自己破産をしても無くならない借金もあります。非免責債権と呼ばれるこれらの借金は、それぞれの目的を持って、いくつかの種類があります。

自己破産は、原則すべての借金を帳消しにします。
そのため、人生の再スタートにあたって、非常に強力な手段となります。
“自己破産でもゼロにならない負債について” の詳細は »

未支給年金って誰が受け取ることができるのでしょうか

故人が受け取るはずだった未払いの年金は受け取ることが出来ますので手続をしましょう。

まだまだ背中のホッカイロが手放せないです。
貼るホッカイロを考えた人は天才ですね。


“未支給年金って誰が受け取ることができるのでしょうか” の詳細は »

さあ、裁判所へLet’s Go!(その2)

準備書面とは、民事訴訟法第161条に規定されているもので、口頭弁論での主張の準備のために用意する、答弁や反論などを記載した書類のことです。

裁判所に訴状を提出すると、さあいよいよ裁判所でのやりとりが始まります。
裁判所は提出された訴状の副本を被告である貸金業者に郵送します。
“さあ、裁判所へLet’s Go!(その2)” の詳細は »

財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?

遺言者は、自分の財産を与える対象を自由に決めることができます。 その対象者は相続人だけに限られないため、相続人以外の人や団体等にも自由に財産をあげることができます。

遺言では、自分の死後に自分の財産をどのように処理するかをきめることができます。
財産を処分するということは、自分のの財産を誰回贈与するということです。
“財産を残す対象は誰でもよいって知ってましたか?” の詳細は »

個人再生手続きのメリット・デメリットについて

個人再生には住宅を維持でき借金も減るというメリットがありますが、申立てするにあたり、様々な要件がありますので、確認をすることが大切です。

住宅ローンを組んでいる方で、任意整理ができないほどに借り入れが増えてしまった場合
自宅は何とか残したいが、良い方法がないかと考えている方。
“個人再生手続きのメリット・デメリットについて” の詳細は »

遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど

遺言に残しても法律上の効果が認められない事項もありますが、最後のお願いを残すのも良いのです。

人が死んだ後には必ず相続が発生します。相続手続きの中でも遺産分割は
トラブルに発展することもあります。
“遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど” の詳細は »

主債務者が自己破産をした場合の保証人の責任は?

自己破産をしても保証人の責任は免除されません。自己破産をする際は保証人に説明し理解を得る努力も必要になります。

借金の返済が苦しくて、生活が出来ない。
そんなときは自己破産をして、きれいに整理する方法があります。
“主債務者が自己破産をした場合の保証人の責任は?” の詳細は »

遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか

相続人間のトラブルを防いだりするためにも、遺言執行者を選任しておいたほうが良いでしょう

遺言執行者とは、遺言の内容通りにことを実現する者のことです。
相続人全員に代わり遺言の内容を実現する者とも言えます。

“遺言執行者ってだれでもなれるのだろうか” の詳細は »

« 過去の記事