アーカイブ: 2016年1月

破産手続中の郵便物の転送について

破産法に基づき、破産者宛ての郵便物を管財人に転送することを「回送嘱託」といいます。

自己破産を申し立てて、それが管財事件になると破産管財人
が選任され、債務者宛の郵便物は全て破産管財人が管理する
事が法律で決まっています。
“破産手続中の郵便物の転送について” の詳細は »

相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになります。

原則、3ヶ月以内に相続するのか否かを決めなければなりません。

人が亡くなると、その人の財産は、相続人が承継することになります。
しかし、すべての相続人が相続を望むとは限りません。
“相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになります。” の詳細は »

被相続人に債務があるかを調べるには

何もしなければマイナスの財産も相続人に継承されますので、承認するか放棄するのかを判断するためには借金の状況を知ることは大切です。

被相続人に借金があった場合、相続放棄をすれば相続人が借金を引き継ぐことは
ありません。したがって被相続人に借金があるかどうかはとても重要です。

“被相続人に債務があるかを調べるには” の詳細は »