アーカイブ: 2016年1月

相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産とマイナスの財産があります。 わかりやすくいえば、土地や金や宝石という実のある権利と、借金とで構成されています。

相続の承認には二つの方法があります。
1つは、被相続人の財産を債務を含めて、無条件、無制限に相続することを承認する場合で、
“相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です” の詳細は »

遺産分割を行う前に、行うことがあります。

遺産分割のためには相続人を確定させる必要があり、相続人を確定させるためには、被相続人の出生から死亡までの戸籍を取得する必要があるということです。

人が死亡すると、相続が開始します。
そして相続手続きの中で、遺産分割というものを行うことが原則です。
“遺産分割を行う前に、行うことがあります。” の詳細は »

破産手続中の郵便物の転送について

破産法に基づき、破産者宛ての郵便物を管財人に転送することを「回送嘱託」といいます。

自己破産を申し立てて、それが管財事件になると破産管財人
が選任され、債務者宛の郵便物は全て破産管財人が管理する
事が法律で決まっています。
“破産手続中の郵便物の転送について” の詳細は »

債務整理の種類と判断について

債務整理とは、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停等の手続きの総称です。どの手続きが適切かは状況によって異なりますので、まずは自身の借り入れ等を確認することが大切です。

債務整理といってもかきのように数種類の手続きがあります。
“債務整理の種類と判断について” の詳細は »

さあ、裁判所へLet’s Go!(その1)

訴状を提出する前に、まずは請求金額を再度確認しましょう。 請求金額は、過払金のみで、過払金に対する利息は含みません。

過払金が発生した場合、最終的に訴訟を提起すれば、過払金だけでなく、
過払金が返還されるまでの期間に対して、年5%の利息を付けた金額を請求できます。
“さあ、裁判所へLet’s Go!(その1)” の詳細は »

相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになります。

原則、3ヶ月以内に相続するのか否かを決めなければなりません。

人が亡くなると、その人の財産は、相続人が承継することになります。
しかし、すべての相続人が相続を望むとは限りません。
“相続放棄をすると、はじめから相続人でなかったことになります。” の詳細は »

« 過去の記事