アーカイブ: 2015年11月

相続放棄をすることによって、借金を背負わなくてすみます

相続放棄は、マイナスの財産を引き継がないだけでなく、プラスの財産を引き継ぐこともできません。

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、相続人が受け継ぐことになります。
“相続放棄をすることによって、借金を背負わなくてすみます” の詳細は »

相続手続きの中には時効もあります

相続手続きの中には何もせずに放っておくと一定の期間経過後には自分の権利が失われてしまうものがあります。

時効とは一定の期間が過ぎてしまった時に自分の権利を失うこと、自分の主張が認められなくな
ることをいいます。相続においても、発生後に何もしなければ時効になる可能性があることがあります。

“相続手続きの中には時効もあります” の詳細は »

もしも支払いが延滞してしまったら

「約定支払日までに入金がされなかった」ということが延滞の定義であり、たった1日の遅れでも延滞と見なされるのです。

もしもクレジットカードの支払いを延滞した場合はどうすれば良いのでしょうか?
延滞をするとその延滞したクレジット会社の内部情報として残るだけにとどまらず、
第三者機関である個人信用情報機関に、延滞の事実が掲載されることがあります。
“もしも支払いが延滞してしまったら” の詳細は »

債務名義と時効の援用について

債務名義がある場合の時効は5年ではなく10年になってしまいます。

消費者金融などからの借入金は、最後に返済を行ってから5年で時効になります。
「借金は時効だから、支払はしない。」ということを消費者金融などに伝えれば、支払をする必要はなくなります。
“債務名義と時効の援用について” の詳細は »

法律上の婚姻関係にない男女から生まれた子の相続分は

法律上の婚姻関係にない男女間に生まれた子に対する差別的な取り扱いがなくなりました。

非嫡出子というのは、正式な婚姻(つまり戸籍の届出)をしていない男女の間に生れた子供のことです。
父親が分からない場合や、父親が認知をしていても正式な夫婦でない場合の子どもは非嫡出子です。
“法律上の婚姻関係にない男女から生まれた子の相続分は” の詳細は »

銀行預金における遺産分割の対象について

相続財産の中に、可分債権がある場合は、その債権は、当然に分割され各相続人が法定相続分に応じて承継されます。

銀行預金等の、金銭債権は、相続開始とともに
当然に各相続人に分割されるものとするのが判例の考え方です。


“銀行預金における遺産分割の対象について” の詳細は »

« 過去の記事