アーカイブ: 2015年6月

取引履歴に全ての真実があります

正当な理由のない開示拒否は、貸金業法に違反し、営業の一部停止や貸金業登録の取り消しなどの行政処分の対象になります。

過払金が発生しているかどうかは、取引履歴を確認することが第1歩です。取引履歴開示を貸金業者に請求してみましょう。
取引履歴が開示されたら、まずはその開示された取引履歴が全部の取引履歴かどうかを確認しましょう。
“取引履歴に全ての真実があります” の詳細は »

そのデザインにうっとりすることもあるのです

発行される市区町村によって戸籍の台紙のデザインは実に様々です。

この仕事に就いて楽しいな、面白いなということはたくさんあるのですが、
その中でも戸籍を見ながら思わず感心してしまう事があります。
“そのデザインにうっとりすることもあるのです” の詳細は »

過払金はなぜ発生するのでしょうか?

出資法と利息制限法という2つの法律の相反する構造によりグレーゾーン金利と呼ばれる金利が発生するのです

「過払い金」が発生してしまう原因は利息の上限を定めた「出資法」と「利息制限法」という2つの法律の相反する二重構造にあるといえます。
利息制限法と改正貸金業法が完全施行される以前の出資法という2つの法律が関係しています。
“過払金はなぜ発生するのでしょうか?” の詳細は »

戸籍は時代と共に変わっていきます

旧民法は現行の民法とは異なり、「家」制度を重視していました。そのため、家は戸主と家族からなり、戸主は家督相続によって順次継承され、子々孫々まで引き継がれていくものとされていました。

被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍をすべて取り寄せると、ずいぶん昔の戸籍には、一つの戸籍に本人の嫁とか、孫という欄がある戸籍、つまり3世代以上の記載のある戸籍があります。一方、最近の戸籍には、本人と妻と子供だけ、つまり
“戸籍は時代と共に変わっていきます” の詳細は »

自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。

自分に万が一のことがあれば、ココを見てねとだけでもいいので、遺言を保管している場所を伝えておいてくださいね

最近、遺言を書きたいという相談が増えてきています。自筆で遺言を書こうと思っていらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、私たちがお勧めしたいのは、公証人役場で作成する「公正証書遺言」です。
“自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。” の詳細は »

再婚して、連れ子がいる場合の相続はどうなる?

継子がいる場合は、養子縁組をしないと、相続人になることはできません。

お互いに再婚し前妻や前夫との間に子がいた場合、
夫と妻からみて子となりますが、血族でない限り、法律上では親子にはなりません。


“再婚して、連れ子がいる場合の相続はどうなる?” の詳細は »

過払金の返還請求ができる期限について

借金を完済した時点から過払金の返還請求はできるようになりますが10年以上経つと返還請求は難しくなります。

過払い金の返還請求権の時効期間はどれくらいでしょうか。
これは、権利が行使できる日から10年とされています。
“過払金の返還請求ができる期限について” の詳細は »

相続手続きには印鑑が必ず必要ですが

いろいろな印鑑がありますが、相続の手続きには実印や印鑑登録証明書が必要不可欠です。

印鑑には様々な種類がありますね。実印、銀行印、シャチハタ、認印・・・
書類に押すときにも捨印、割印などなど・・・
“相続手続きには印鑑が必ず必要ですが” の詳細は »

« 過去の記事