アーカイブ: 2015年5月

債務不存在確認訴訟を提起して借金を0にする

債務不存在確認訴訟において勝訴判決を得た場合は債務者はその後の支払いをする必要がありません。

債務不存在確認訴訟とは、多重債務・借金問題のついて争いがある場合に『借金はありません!』と債務者が主張して提起する裁判です。この訴訟は、借入先に対して一切の債務がないという事実を裁判所に認めてもらうという裁判です。
“債務不存在確認訴訟を提起して借金を0にする” の詳細は »

信用情報機関に登録される情報について

個人信用情報を収集し提供・管理する機関を信用情報機関といい、金融機関等は与信審査の際に情報を参照します。

 借金の返済が滞った場合,金融機関等は個人の経済的信用力に関する情報(これを「個人信用情報」といいます)に延滞情報の追加登録を信用情報機関に依頼します。
信用情報機関は、「個人の信用」を客観的に表した信用情報を収集し、提供・管理する事業を通じて消費者と会員会社であるクレジット会社やローン会社などとの健全な信用取引を支えています。
“信用情報機関に登録される情報について” の詳細は »

遺産分割をする必要がない場合ってあるの?

相続人が1人しかいない方は遺産分割協議書を作成する必要もありませんし、相続人間でもめることもないですね。

遺産分割は、相続人の間で話し合わなければならないので、大変そうですが
遺産分割協議をする必要がない場合ってあるのでしょうか?

“遺産分割をする必要がない場合ってあるの?” の詳細は »

原本還付請求とはどういう手続きか

登記申請時に使用した書類は原本還付請求の手続きを行なうことで法務局から返却してもらえます。

相続登記の申請をするには戸籍謄本、住民票、遺産分割協議書、印鑑登録証明書
など様々な書類の原本を提出します。法務局へ提出した書類は原則としては
返却されることはありません。しかし、特別な手続きすることにより、これらの
書類を登記完了後に返却してもらうことができます。
“原本還付請求とはどういう手続きか” の詳細は »

ゴールデンウィークは笠間の陶炎祭に行きました

今年のゴールデンウィークのメインイベントは笠間の陶炎祭(ひまつり)でした。

ゴールデンウィークも終わり、またいつもの生活が戻ってきました。
今年は天候に恵まれ、TVでもあちこちの混雑振りが報道されてい
ましが、私は初めての笠間に行ってきました。

“ゴールデンウィークは笠間の陶炎祭に行きました” の詳細は »

« 過去の記事