アーカイブ: 2015年3月

被相続人の住所を証明する書類

不動産の相続登記には被相続人の登記簿上の住所と最後の住所が一致するという証明の書類が必要です。

不動産の相続登記の手続きには、被相続人が亡くなった時の住所
が登記簿上に登録されている住所を一致させる必要があります。
このように住所と氏名で登記名義人を特定するのです。同姓同名
の人もいますので住所の一致はことの他重要なのです。

“被相続人の住所を証明する書類” の詳細は »

日本在住の外国人は遺言を残せるのか

国際化に伴い、日本在住の外国人も多くなっています。外国人が遺言を作成するのはどういった方法が良いのでしょうか。

被相続人の亡くなった後の意思を伝えるものとして遺言があります。
では、日本人と結婚して、日本に住む外国人は遺言を残すことがで
きるのでしょうか。
“日本在住の外国人は遺言を残せるのか” の詳細は »

相続にはいくつかのケースがあります

相続手続きがそのままになっていると新たな相続が発生してしまうこともあります。

相続は被相続人が亡くなった時から始まります。
いざ相続の登記をする、という時になって複数の相続の関係が発覚
することがあります。
“相続にはいくつかのケースがあります” の詳細は »

死んだらこの家をあげると言われたのですが

俺が死んだらこの家をあげる、は死因贈与とされます

遺言と良く似ているものに死因贈与があります。
決められた方式で書かれなければならない遺言 に対し、死因贈与は契約であり口約束でもよいのです。
違いは「双方の合意」があるということです。


“死んだらこの家をあげると言われたのですが” の詳細は »