アーカイブ: 2015年2月

ちょっとプチ旅行

小田原の先は、急に旅行気分にさせるのどかな風景が広がっていました

菩提寺に用があり、久しぶりに東海道線の下りに乗り込みました。
小田原の少し前の駅で降りることにはなっていたのですが、時間もあったため、
その駅の先までプチ旅行みたいにしてみようと思い足を延ばすことにしました。


“ちょっとプチ旅行” の詳細は »

相続が開始するってどういうこと?

相続の始まりは被相続人の死亡した時なのです。そして、相続が始まることを相続の開始と言います

相続の始まる時期はいつでしょうか。相続について規定した民法の相続編では「相続は、死亡によって開始する」と定められています。
“相続が開始するってどういうこと?” の詳細は »

遺留分を侵害した遺言書への対処

遺留分減殺請求をすることにより、自分の遺留分を受け取ることができます。

遺留分とは一定の相続人に最低限確保されている相続割割合のことで、遺言をする人にとっての唯一の制約です。
遺留分は全ての相続人に認められているわけではなく、相続人によりその遺留分も異なります。
“遺留分を侵害した遺言書への対処” の詳細は »

相続と遺贈は似ているようで違うのです

遺言で財産を残すには相続と遺贈の2つありますが、実は遺言執行時に大きな違いがあります。

遺言とは被相続人が亡くなる前に、その最終の意思を形にして遺し、
その意思を尊重して死後に実現させるためのものです。
その中で財産をあげるためにには「遺贈」と「相続」があり、この
2つは似ているようで実は大きな違いもあるのです。
“相続と遺贈は似ているようで違うのです” の詳細は »

相続登記に必要な書類は意外にたくさんあります

相続の内容によって登記に必要な書類は多岐に渡ります。きちんと準備をしておくと手続きがスムーズです。

相続の登記を行なう時には必要な書類を集めなくてはなりません。
登記の種類によっても変わってきますが、一般的な遺産分割に
よる登記でも多岐にわたっています。

“相続登記に必要な書類は意外にたくさんあります” の詳細は »

兄弟が死亡した時の必要戸籍は?

戸籍の収集は直接市役所や区役所の窓口に出向くか、郵送でも取得することができます。

相続手続きでまずやるべきことは、相続人の確定です。
確定するためには被相続人(亡くなった人)の生まれてから死亡日までの戸籍がすべて必要となります。
“兄弟が死亡した時の必要戸籍は?” の詳細は »

« 過去の記事