アーカイブ: 2015年2月

ちょっとプチ旅行

小田原の先は、急に旅行気分にさせるのどかな風景が広がっていました

菩提寺に用があり、久しぶりに東海道線の下りに乗り込みました。
小田原の少し前の駅で降りることにはなっていたのですが、時間もあったため、
その駅の先までプチ旅行みたいにしてみようと思い足を延ばすことにしました。


“ちょっとプチ旅行” の詳細は »

春の訪れとともにやってくるのが花粉症です

春の訪れは嬉しいですが、喜んでばかりいられないのは花粉症があるからです

最近は日々、日の長くなるのを感じ日差しも少しずつ強さを増して
春の訪れを実感することが多くなってきたように思います。
春とともに道の草花は色とりどりになり、スーパーの野菜売り場も
緑色が鮮やかです。そして花粉症もやってくるのです。
“春の訪れとともにやってくるのが花粉症です” の詳細は »

相続が開始するってどういうこと?

相続の始まりは被相続人の死亡した時なのです。そして、相続が始まることを相続の開始と言います

相続の始まる時期はいつでしょうか。相続について規定した民法の相続編では「相続は、死亡によって開始する」と定められています。
“相続が開始するってどういうこと?” の詳細は »

亡くなられた方の確定申告はいつするの?

準確定申告をすれば、税金の還付を受けられるかもしれません

さて、いよいよ確定申告の時期がやってきました。 インターネットからも申告できる時代ですが、まだまだ税務署に出向いて申告される方が多く、この時期は長い列ができていますね。
“亡くなられた方の確定申告はいつするの?” の詳細は »

遺言執行者とはどのような人か知っていますか

相続争いを避けるには遺言で遺言執行者を指定し、処理を任せるのが安心です。

遺言書の中に相続人と利益が相反する内容の指定があったとき、
相続人には処理しにくいということがあります。
そのような場合相続人に遺言を執行させることは不適切ですから
遺言執行者が必要です。
“遺言執行者とはどのような人か知っていますか” の詳細は »

遺留分を侵害した遺言書への対処

遺留分減殺請求をすることにより、自分の遺留分を受け取ることができます。

遺留分とは一定の相続人に最低限確保されている相続割割合のことで、遺言をする人にとっての唯一の制約です。
遺留分は全ての相続人に認められているわけではなく、相続人によりその遺留分も異なります。
“遺留分を侵害した遺言書への対処” の詳細は »

疲れたときにホッと一息チョコレートを

昔は、好きな人に渡すイベントだったと思うのですが、最近は、小さい子供達も「ともチョコ」を作って、交換するようですね。

さて、2月14日はバレンタインデーでしたが、みなさんはいくつもらいましたか?また、いくつあげましたか?
今年は土曜日だったこともあり、私たち女性側もあげなくていいかな?という大義名分ができ、そして男性も、仕事が休みだから義理チョコはもらえなくても仕方ないかなと言い聞かせた方も多かったかもしれませんね。
“疲れたときにホッと一息チョコレートを” の詳細は »

« 過去の記事