アーカイブ: 2014年10月

自己破産するとどんなデメリットがあるのでしょう

破産者は、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士・公証人・司法書士・行政書士などにはなれません

破産手続開始決定は、債務者に都合のよいことばかりではありません。
破産手続開始決定がなされると、以下のようなデメリットがあります。
“自己破産するとどんなデメリットがあるのでしょう” の詳細は »

貸金債権の相続におけるトラブル

貸金債権を相続したが、回収不履行となり損失が出てしまった時、その分を他の相続人から埋め合わせしてもらえるのでしょうか。

兄が亡くなり、遺産を相続人2人で分割することになりました。相続財産の内容は時価1000万円のマンションと、500万円の預金、500万円の貸金債権がありました。被相続人の妻には今後の生活もあるからと、マンションと預金を相続してもらい、私自身は貸金債権のみを相続しました
“貸金債権の相続におけるトラブル” の詳細は »

受継の申立て

裁判中に原告・被告等の当事者が死亡した場合、その裁判は相続されるのか

裁判中にその原告なり、被告なりが死亡した場合、その裁判はどうなってしまうのでしょうか。金銭トラブルなどの民事訴訟ではその地位は相続人が引き継ぎます。もし、弁護士等の代人に依頼して裁判を行っていた場合は、裁判手続きはそのまま継続されますが、本人自身が行っていた場合は中断します。
“受継の申立て” の詳細は »

○○デビューしたときの喜びと感動!!

今や携帯電話は、欠かせないもののひとつですよね。

私が子どものころは、電話といっても、もちろん携帯なんてできない
黒電話でしたので、家族にこそこそと電話することも、
しばしばありました!
とはいえ、今や、携帯電話を持っていない方のほうが少ないですよね。
携帯電話でのコミュニケーション手段もSNSやラインなどと
様々です。


“○○デビューしたときの喜びと感動!!” の詳細は »

預金の支払を差止めは可能か

預金のみの相続で揉めた場合、相続人の一人が勝手に遺産を手にしないようにする為にはどうするのか

ご家族が亡くなって遺産分割をする段になった時、生前贈与などで上手に資産を分けていらっしゃる方や、女性の方でご主人が亡くなった時の相続財産をお子様の方へ出来る限り相続させ、必要な預貯金だけを残されたという方がいらっしゃるかと思います。
“預金の支払を差止めは可能か” の詳細は »

知的財産権の相続

特許権著作権などの権利の相続にはどんな手続きが必要でしょうか

相続には様々な種類のものがあります。皆さんがすぐに思い浮かべるのは預貯金や土地建物などの不動産ではないでしょうか。

相続は目に見える物品だけでなく、被相続人の地位や権利といったものも含まれます。特許権や著作権などがそれに当たります。
“知的財産権の相続” の詳細は »

扶養していた親の相続

献身的に面倒を見て扶養していたにもかかわらず、他の相続人と相続分通りに遺産分割しなくてはならないのか

少子高齢化社会となり、高齢で身の回りの事が思うように出来ず、子供が親の面倒をみなくてはならない時、子供が何人いても実際にその面倒を見るのは1人だけで、他の兄弟はなんら手助けもしないという事がままあります。
“扶養していた親の相続” の詳細は »

使用貸借の土地の相続

使用貸借していた土地の使用貸借権を、相続することは可能でしょうか

親子や兄弟姉妹の間でなど、家を建てるのに余りお金がないからと、親の土地に家を建てるといったケースが良く見られます。この時、ほとんどの場合い土地を借りているにもかかわらず、地代を支払わずに建物を建てて住んでいるというケースでしょう。これを「使用貸借」と言います。
“使用貸借の土地の相続” の詳細は »

« 過去の記事