アーカイブ: 2014年9月

自己破産を前向きにとらえよう

自己破産の手続きはマイナスの財産を帳消しにすると同時に特定の財産も失われますが、財産全てが無くなると言うわけではありません

自己破産とは債務整理方法のひとつで、裁判所へ申し立てをして借り入れたお金をなかったことにする手続きです。人生を再スタートするという意味で制定されています。自己破産というと、どうしても暗く人生おしまいであるというようなイメージ
“自己破産を前向きにとらえよう” の詳細は »

行方不明の相続人がいたとき

相続が開始され、相続人のうち行方不明となっている人がいた場合はどのように対処したらいいでしょうか

家族がなくなり、相続人の調査をしてみると、知らなかった異母兄弟がいたり、存在を知っていても長年音信不通で行方不明になったりしている相続人がいる場合があります。
“行方不明の相続人がいたとき” の詳細は »

相続人が不在の時

相続人がいない時にその相続財産はどのような手続きを経て国庫に帰属するのでしょうか

親戚等の身寄りがない方が亡くなられた時、その財産はどうなってしまうのか気になるところではないでしょうか。高齢化社会、核家族化、そして独居老人が増え、相続人不在の件数も徐々に上がってきています。相続人がいなければ直ぐに国の財産になってしまうと思われるかもしれませんが、約1年をかけて以下のような手続きがされています。
“相続人が不在の時” の詳細は »

相続税の申告は自分でできるのでしょうか

相続税の申告は、財産の評価の難しさ、税務計算の知識、様々な手間などクリアしなければならないことがあります。

相続が発生すると多くのやらねばならないことが出てきます。

先ずは遺産分割とその為の煩雑な諸手続き、もうひとつはその相続によって発生した相続税の申告と納付です。
“相続税の申告は自分でできるのでしょうか” の詳細は »

相続税対策のアパート経営

アパート経営を相続税対策にされる方がいますが、本当に資産運用として活用できているのでしょうか

相続税対策や、家賃収入による生活設計などを考えて、遊休土地に賃貸アパートを建てたという話を、以前よりよくお聞きします。
確かに、土地や建物にかかる税金を軽減することが出来ますし、一定額の収入が入るのは魅力的だと言えます。賃貸経営を進めるハウスメーカーからも、相続税対策に効果的だからと進められアパート経営に踏み切った方も少なくないはずです。
“相続税対策のアパート経営” の詳細は »

隣地との境界線があいまいなのは要注意

相続した土地の境界線があいまいだったため、トラブルに発展。今から準備する相続は様々なケースがあります

父が亡くなり、父が住んでいた実家の土地建物と預貯金株などが遺産として残された。相続人間で話し合った結果、土地建物は相続税の支払いの事も考えて売却することになった。
“隣地との境界線があいまいなのは要注意” の詳細は »

相続を考えるタイミング

続でもめないとは限らないから、今できる対策の遺言や生前贈与を考える

相続と聞いて皆さんはどんなイメージを持たれますか。
資産家の家だけに起こり得るドラマのような出来事で、自分には関係ないと思っているのではないでしょうか。
平成27年より相続税の改正があり、今まで相続税の対象でなかった方がその対象になる可能性が出てきました。もしかしたら、ドラマで起こるよう遺産で揉めるといったことがあるかもしれないのです。
“相続を考えるタイミング” の詳細は »

生命保険の受取と相続税

生命保険を受け取った場合、相続財産として含まれるのか、またその税金はかかってくるものなのか

相続において、生命保険は相続財産に含まれないとされていますが、税金などどうなっているのか心配の方も多いかと思います。

保険金受取人といて特定の人が指定されている場合には、生命保険請求権をもつのは受取人の指定を受けている固有の権利となり、相続財産ではなく遺産分割の対象にもなりません。
“生命保険の受取と相続税” の詳細は »

« 過去の記事