アーカイブ: 2014年8月

相続税の対策だけが、相続対策ではありません

相続税という税金にばかり目が行きますが、事前に必要なのは正しい知識です

相続税改正が迫り、相続問題は多くの方にとって身近なものとなってきます。

事前に対策をとるというと、節税だけを思い起こす方がいらっしゃいますが、そうではありません。遺産相続はプラスの財産だけを受け継ぐのではなく、マイナスの財産も受け継ぐことになります。
“相続税の対策だけが、相続対策ではありません” の詳細は »

対策がしても功を奏さないと意味がない

相続税対策は絶対の方法にはなりません。予測できないからこそ、万全を期すために専門家と取り組むべき

相続税改正に伴い、世間では相続税対策という言葉が多く聞かれるようになりました。

一言で相続税対策と言っても様々なアプローチがあります。あらゆる面から捉えて対策をとる必要があるのです。


“対策がしても功を奏さないと意味がない” の詳細は »

婚外子の相続分が変わりました

婚外子と婚内子は遺産を平等に分配することに変わりました

婚外子(非嫡出子)の相続分が変わったことをご存知でしょうか。

今回改正されたのは、1898年に施行された民法900条4号で、「婚外子の遺産相続分を婚内子(嫡出子)の2分の1」と定めていたものを、差別として平等にしたものです。


“婚外子の相続分が変わりました” の詳細は »

身内の方が亡くなった時に必要なこと

戸籍から籍を除くためにどのようにすればいいかご存知でしょうか

身内の方などが亡くなったとき、行なわなければならない手続きは色々あります。
中には期限が決まっているものもあり、期限を守らないと罰則を受けることもあるので注意が必要です。


“身内の方が亡くなった時に必要なこと” の詳細は »

破産管財人とは何のことだろう

お金も不動産もなく、資産もないケースでは、破産管財人は選任されず、破産宣告と同時に破産手続きは廃止されます

自己破産でめぼしい財産が無い場合の債務整理はどうなるのでしょうか?

予納金は、破産手続きを申し立てる際、裁判所に納付する金銭です。破産手続きのための費用を予納しなければな
“破産管財人とは何のことだろう” の詳細は »

共同相続人の中に非嫡出子いる場合の手続きについて

非嫡出子の相続の順位は嫡出子と同じですが、法定相続分については差異が設けられています。

婚姻関係にある男女間に生まれた子を嫡出子といい、
嫡出子以外の子を非嫡出子といいます。
非嫡出子は、父親からの相続に関して、生物学上の
父子関係があるだけでは認められず、相続を受けるためには、
認知されなければなりません。


“共同相続人の中に非嫡出子いる場合の手続きについて” の詳細は »

悩まず専門家に相談しませんか

裁判所を利用せず、司法書士や弁護士が依頼人の代理人となって債権者と交渉し、借金を減額し無利息での返済を求めていく

ここでは債務整理の中の任意整理がどういう手続きなのかをわかりやすく説明してみます。任意整理は債権整理の手続きの中で最も簡素な手続きといっていいでしょう。
“悩まず専門家に相談しませんか” の詳細は »

« 過去の記事