アーカイブ: 2014年7月

相続欠格の場合と相続権の行方

相続は誰でも出来るものなのでしょうか、相続者になれない人とは

相続欠格という言葉をご存知でしょうか。

親族の方がなくなり、相続が発生した場合、例えば父親が亡くなり、その父の財産を相続する権利を配偶者である母とその子供である兄弟三人がいれば、その三人が権利を有します。
“相続欠格の場合と相続権の行方” の詳細は »

専門家に相談して100%取り戻そう

不当な利息の場合などは元本が減らずに支払いを続けているということになっているため、これを明らかにして取り戻さねばなりません。

債務整理の中での過払い金取り戻し手続きの流れを専門家に相談するところから
見て行きましょう。
“専門家に相談して100%取り戻そう” の詳細は »

共同相続人のうち、行方が分からない人がいる場合

共同相続人のうち、生存が明らかだが、行方が分からない人がいる場合は、不在者財産管理にの選任をします。

被相続人Aが死亡し、相続人が妻B、子C及びDが残された。
Dは、数年前から数か月に一度の割合で、連絡があったものの
行方不明の状態だった。Aの死亡後にDから電話がかかってきた際、
Bは、遺産分割のために会って話をしたいと切り出したが、
Dは、自分には関係ないと言って、居場所すら明かそうとしない。
B及びCは、Dの協力を得られないと判断して、不在者の財産の
管理人の選任を申立て、管理人Eを交えて遺産分割協議をすることにした。

“共同相続人のうち、行方が分からない人がいる場合” の詳細は »

相続人の存在が不明なときの相続財産法人とは

相続人に不存在の疑いがある場合には相続財産は相続財産法人という法人になり、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。

相続人に不存在の疑いがある場合には相続人が現れるまでその相続財産を管理し、
相続人の不存在が明らかとなれば相続財産を清算し、最終的な帰属を決める必要があります。

“相続人の存在が不明なときの相続財産法人とは” の詳細は »

遺されたペットはどうしたらいいのか

自分の死後、家族同然のペットを守ってもらうためにしておくこと

飼っているペットは「家族も同然!」という方が多いと思います。
自分が死んだ後に遺されるペットの世話を誰に託するのか。
そして、それを託す方法はあるのでしょうか?

“遺されたペットはどうしたらいいのか” の詳細は »

ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか

一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります

法改正をもとに、正当な理由なくして登録から6ヶ月以内に事業を開始しなかったり、6ヶ月以上事業を休止した場合は登録取り消しの対象となるという内容のように、一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります。いわゆる「いい加
“ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか” の詳細は »

遺産分割協議が長引く場合の解決方法

家庭裁判所に、調停や審判の申し立てをして、分割する方法があります。

遺産分割協議をしても、みんなが我が通しすぎて話し合いが
難航することは少なくありません。
また、相続人のなかに、非協力的な者がいるかもしれません。
こうした状態を続けていると、相続税の申告や納付期限に
間に合わなくなってしまったりします。
“遺産分割協議が長引く場合の解決方法” の詳細は »

自分の経済状態を把握するところから始めよう

一般的にいえば財産や職業、給与や信用、技能や年齢的なものから性別に至るまでさまざまな総合的判断から、じゃこの人は借金を返せるだけの地盤があるのだろうか?という判断をさせられます

借金があって債務整理をしていたら誰でも自己破産できると思っていませんか?

じつは、自己破産をするにあたっては自己破産に至る破産原因が無ければいけません。
“自分の経済状態を把握するところから始めよう” の詳細は »

« 過去の記事