アーカイブ: 2014年6月

相続の欠格と廃除と放棄の違いとは

権利の移り方は理由により変わります。それぞれの事例を確認します。

相続人の順番は法律で決められています。

そして理由の違いにより、相続の権利が存在しなくなる場合があります。

その中で相続欠格と廃除、相続放棄の違いを見てみます。


“相続の欠格と廃除と放棄の違いとは” の詳細は »

相続放棄は生前にできるのでしょうか

相続放棄ができないのは、その人に属する権利義務(債権・債務)が確定するのは死亡のときだからです

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続の単純承認、限定承認、放棄のいずれかを選択しなければなりません。
“相続放棄は生前にできるのでしょうか” の詳細は »

相続財産の評価をしてみましょう

財産評価が必要なのはお金に換算できる全てものです

相続税がかかるかかからないか、
その計算方法などはさまざまな書籍で取り上げられています。
しかしその前にやっておかなくてはならないことがあります。
それは、相続財産の評価です。
                                                  
“相続財産の評価をしてみましょう” の詳細は »

借金を返せない状況になったら考えること

債務整理により前向きな人生がスタートできるのなら思い切って専門家に相談してみるほうがいつまでも苦しまなくて済みます

借金を全額返済出来ない状況になったら債務整理をすることが生活の立て直しの第一歩です。

債務整理とは、多重債務などで返せなくなるという状況の債務者を、再生させるいくつかの再生方法のことを一般的に指します。債務整理
“借金を返せない状況になったら考えること” の詳細は »

遺産の分割をするには、どんな方法があるのか

相続が開始され、被相続人の財産を分けることを遺産分割と言います。

被相続人の財産は、相続開始と同時に共同相続人が共有することになりますが、
この共有状態にある財産を、各相続人毎の所有にさせる方法が遺産分割です。
遺産分割には、4つの方法があります。
“遺産の分割をするには、どんな方法があるのか” の詳細は »

亡くなった方が不動産を持っていたなら

不動産の名義変更の手続きをする理由について、簡単にご説明します

亡くなった人(被相続人)の財産は、基本的には相続人が引き継ぎます。
不動産も財産のひとつなので相続されますが、その際には「相続登記」をしておくことをお勧めします。
相続登記とは、被相続人が所有している土地や建物などの不動産を、相続人名義に変更する手続きのことです。


“亡くなった方が不動産を持っていたなら” の詳細は »

クレジットカードを作れなくなるのか?

債務整理から5年が経過すれば債務整理した会社やグループ会社以外のクレジットカードは作れるようになることもあります

債務整理後にクレジットカードを作れるのか?その解答はとても難しいです。
信販系信用情報機関と消費者金融系情報機関の履歴保持期間は5年間です。よって、取引終了後5年すれば、
“クレジットカードを作れなくなるのか?” の詳細は »

相続人の中に未成年者がいる場合

遺産分割協議をする際に、母親は未成年の子どもの代理人になれるのか?

未成年者は、単独で遺産分割協議をすることはできませんので、
父親が亡くなって、母親と未成年の子どもが相続人になった場合は、
母親が代理して、協議をすれば良いのではないかと思いがちですが、
母親が自分に有利な内容にしてしまうなど、母親と未成年の子どもとでは
利害が対立する関係になるので、母親が未成年の子どもの代理となることは
できません。
ではいったいどうすれば良いのでしょうか?
“相続人の中に未成年者がいる場合” の詳細は »

経過利息と将来利息について知ろう

悪質な債権者=消費者金融等の中には、経過利息及び将来利息の減免を認めずに利息をつけ続ける所もあるので専門家のバックアップに基づいたガードをしてもらいましょう

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます。もし、弁護士や認定司法書士などの専門家を付けなければ,この間も高金利なような 高利率のおまけがつけられている可能性もあります。
“経過利息と将来利息について知ろう” の詳細は »

« 過去の記事