アーカイブ: 2014年4月

遺産分割に関する協議書の作成は争続を防ぐ

遺産分割協議書作成は不動産名義変更するために必要である他、家族の間で争いになるのを防ぐためにも必要です。なるべく早い段階で作成しましょう。

相続する財産に不動産が含まれる場合、不動産の名義を特定の誰かに変更するには、遺産分割協議書が必要ですが、相続人全員で共有するならば遺産分割協議書は必要ありません。また、遺産分割協議書の中で、不動産の価値をどう評価するは重要です。ここが間違ってしまうと、家族間のトラブルにつながってしまします。
“遺産分割に関する協議書の作成は争続を防ぐ” の詳細は »

相続人に未成年者がいるときには代理人を選任します

特別代理人の選任申立は家庭裁判所へ申し立てます

遺産分割は相続人同士の話し合いで決定されます。
しかし、相続人が未成年者である場合、その未成年者は遺産分割協議に
直接参加することは出来ません。このような時、その未成年者の親権者が
法定代理人として遺産分割協議に参加することになります。

“相続人に未成年者がいるときには代理人を選任します” の詳細は »

相続の手続きを進める上での注意とは

どのように財産をわけていくか、誰が相続するのか、を気をつけましょう。

気持ちの整理を着けて、力を振り絞りながらの手続きかと思います。
その上で気を付けて置かないといけない事は、何があるのでしょうか。
少し考えてみます。


“相続の手続きを進める上での注意とは” の詳細は »

免責不許可事由ってなんのことでしょう

免責許可がおりると、多額の負債はなかったこととなり、生活を立て直すことができます。しかし、破産手続きをしていても免責が不許可になることもあります。

免責とは、語彙のとおり破産者の債務の支払義務を免除する制度の事です。

破産した人は一定の条件にあてはまっていると、支払いの義務を免除されるのです。

ただし、破産すれば全てが免責に当てはまるというわけではありません。
“免責不許可事由ってなんのことでしょう” の詳細は »

債務整理をするとブラックリストに登録される?

債務整理をおこなうと、金融事故をおこしたということで「信用情報機関」に情報が登録されます。

債務整理を行なうと「ブラックリストに登録される」とよく言われます。

実際のところ、ブラックリストという名前ものは存在しません。
金融事故をおこした方が「信用情報機関」というところに情報が登録されることを、
俗に「ブラックリストに登録される」といいます。

“債務整理をするとブラックリストに登録される?” の詳細は »

相続手続きに必要な書類について

相続手続で欠かせない戸籍について集め方と、簡単な注意事項について投稿しています。取得方法等を事前に分かっていれば意外と簡単に集められることも多いです。

人が亡くなると必ず相続が発生します。これは避けることは出来ません。(相続人が相続放棄をすればその人は相続手続をしなくてもいいです。)そう考えると、長い人生において相続手続は、かなりの人が経験することになるのではないでしょうか。


“相続手続きに必要な書類について” の詳細は »

専業主婦でも借入が出来てしまう怖い現実

専業主婦が軽い気持ちで無計画に借りて、簡単に毎月返せると思ってはいけません

債務整理するのはサラリーマンや自営業などの収入がある人だけではありません。

こっそり借りた主婦などの債務整理も多いもの。どうして収入が無いのに借りれたのか?審査はどうなるの?
“専業主婦でも借入が出来てしまう怖い現実” の詳細は »

贈与税の納税猶予額について

税金を払うことを少なくするために、プロに頼むという選択肢も考えて見ましょう

贈与税の納税猶予額は、納税猶予の特例を受ける非上場株式等の数に対応する価額から
基礎控除額(110万円)を控除した残額に贈与税の税率を適用して計算した額となります。


“贈与税の納税猶予額について” の詳細は »

« 過去の記事