アーカイブ: 2014年2月

戸籍の附票と住民票の違い

住所を証する書面にはどのような種類のものがあるのでしょうか

住民票というとピン!と来る方も多いと思いますが、戸籍の附票は聞きなれない方が多いのではないでしょうか?どちらも「住所の証明」をすることが出来る公的書類ですが、戸籍の附票と住民票の違いは、以下の通りです。


“戸籍の附票と住民票の違い” の詳細は »

債務整理の費用

同時廃止事件:弁護士で30万円~50万円、司法書士で10万円~30万円 破産管財事件:さらに管財人への費用が20万~30万

債務整理を専門家に依頼したりしたいけど費用がどのくらい必要かというのが皆さんのイチバン知りたい所だと思います。また各種手続きもいくらかかるのか知りたいですよね。
“債務整理の費用” の詳細は »

小規模宅地の特例について

特典を受ける人は納税の必要がなくても申告をしなければなりません

事業用宅地 ・・・・・・・・

相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、
下記の条件を満たせば、400平方メートルまで80%を減額することができます。

ただし、申告期限まで宅地を保有していないときは、

200平方メートルまで50%を減額することになります。
“小規模宅地の特例について” の詳細は »

数は少ないけれど限定承認も有益だ

相続した財産の範囲のみを、負債の支払いにあてることを条件として遺産を相続する「限定承認」の制度があります。

遺産を相続したときには、財産以外にも借金などの負債がある場合もあります。
相続した後で遺産を全て整理してみると、負債の方が多かった・・・という場合。
これでは、何のために遺産を相続したかわかりません。

そこで、「残された財産の範囲のみを、負債の支払いにあてること」を条件として遺産を相続する制度があります。
これが『相続限定承認』です。
相続開始を知った日から3カ月以内に、家庭裁判所へ「相続限定承認の家事審判申立書」を提出します。


“数は少ないけれど限定承認も有益だ” の詳細は »

相続登記はお早めにすますのがいい

不動産の名義変更は早めにやっておかないと、手続きが煩雑になります。

相続登記(不動産の名義変更)は相続税の申告と違い、いつまでにしなければならないという期限はありませんが、その不動産を売却したり、金融機関 からその不動産を担保に融資を受ける場合や、住宅ローンの返済が終わり抵当権の抹消登記をするには、その前提として、相続登記を済ませておかなければなりません。
“相続登記はお早めにすますのがいい” の詳細は »

信用情報は過払い金の請求で傷つかず

過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません。しかし、気をつけなければならない事もあるので注意しましょう!

過払金請求したいけど、気になる事がある。そう!過払金請求したら信用情報に登録されるのか?手続を検討中の方は気になることだと思います。

結論からいえば、過払金請求をしても、信用情報に登録されることはありません
しかし、気をつけなければならない事もありますので、少しお話しましょう。


“信用情報は過払い金の請求で傷つかず” の詳細は »

新しい第一歩

法律で借金を見直し、無理のない生活を送れるようにする事。 それが、債務整理なのです。

借り入れが多くなって、返したくても返す事が出来ない状態に陥った時は、債務整理という方法があります。
債務整理は、今までお金に対して悩んでいた事から解決に結びつけてくれるものです。
具体的な方法としては、「任意整理」「民事再生」「自己破産」といったものを挙げる事ができます。
借金で悩んでいらっしゃる方。
“新しい第一歩” の詳細は »

個人再生手続きの種類や内容について

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし,その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。

個人再生手続とは,個人の方で借入金が高額になり、その返済ができなくなった方が,原則全ての債権者に対し、返済総額を少なくし(実際どのくらい少なくなるかは下記を参照下さい),その少なくなった後の金額を原則3年間で分割返済するという再生計画案を作り,裁判所が問題ないと認めれば,今後はその計画どおり返済することで,残りの借入金(税金等を除く)が免除されるという手続です。もちろん将来の利息も免除です。

個人再生手続には,次の2つの種類が法定されています。


“個人再生手続きの種類や内容について” の詳細は »

相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる

相続放棄しても、受け取ることができる財産があります。

契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金受取人の固有の財産です。

例えば、契約者・被保険者が夫、死亡保険金受取人が妻の場合、妻が受け取った死亡保険金は妻の固有の財産になります。死亡した夫の財産ではないため、妻は相続を放棄しても死亡保険金を受け取ることができます。
“相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる” の詳細は »

離婚をしている場合の相続

離婚をしたら、配偶者は相続人ではなくなりますが、その間に生まれた子の相続権はなくなりません。

亡くなった方の配偶者は常に相続人となります。

しかし、離婚をした場合はそうではありません。

離婚する場合は、通常、財産分与などの協議を行い、

お互い協力して作った財産はその時点で清算します。

この時点で「元配偶者」は「赤の他人」ということになります。

このような考え方を踏まえて、法律上も離婚した場合には将来どちらかの相続が始まったとしても、

互いに相続人にはなれないことになっています。
“離婚をしている場合の相続” の詳細は »

« 過去の記事