アーカイブ: 2014年1月

遺言状の有効性を担保するための工夫

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直してくださいね。

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。

また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には 新しい遺言書を作成できます。

 

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は 遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず 準ずるということをしなくてもかまいません。
“遺言状の有効性を担保するための工夫” の詳細は »

将来利息とは?

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます。もし、弁護士や認定司法書士などの専門家を付けなければ,この間も高金利なような 高利率のおまけがつけられている可能性もあります。債務整理の任意整理時に
“将来利息とは?” の詳細は »

負担付贈与とはこういうことですよ

被相続人が死んでしまうことで、他に身寄りのない幼い子供が路頭に迷ってしまうような場合に有効です

負贈与する代わりの代償として、受贈者に何かしらの義務を負担してもらおうという契約をいいます。

「これをあげるから、かわりにこれをやって」というものです。負担付贈与を受けた者は、贈与を受けた財産の価額から、負担すべき債務の金額を差引いた額の贈与があったものとして、その金額を基に贈与税額を算出します。数式で表すと以下のとおりです。

{(贈与を受けた財産 - 負担すべき債務額)- 110万円(基礎控除)}× 贈与税率 = 贈与税

死因贈与契約公正証書に定める内容
“負担付贈与とはこういうことですよ” の詳細は »

相続税の基礎控除額が縮小されます

平成27年1月1日から、相続税の基礎控除額が縮小され、相続税の申告を要する方が増えていきます。

平成27年1月1日以後の相続から相続税の基礎控除が縮小されることになりました。現時点で、相続税のかかる人の割合は4%程度となっていますが、この度の改正により、相続税のかかる人の割合は6%程度に上昇するだろうと予想されています。特に、東京や横浜等の首都圏内で不動産(自宅等)を所有している方には影響が大きく、「一戸建の家を所有していると相続税がかかるようになる」と言われるほどです。
“相続税の基礎控除額が縮小されます” の詳細は »

贅沢ランチをしてみたのです

仕事もプライベートも仲が良い、相続手続支援センター横浜駅前の4人組の新年会に行ってまいりました。

先日、相続手続き支援センターの新年会がありました。美女?4人でお食事会をしましょう~ということで、選んだのが!横浜ベイシェラトンホテルの28階鉄板焼「さがみ」超!贅沢ランチを満喫してきました。
“贅沢ランチをしてみたのです” の詳細は »

家屋の相続財産はどのように算出するのでしょう

貸家は借家権割合と賃貸割合を考慮して低く評価します

通常は、固定資産税評価額と同額で評価します。

計算方法は以下のとおりです。

家屋の評価額=固定資産税評価額×1.0

固定資産税評価額は、市役所等で、固定資産税評価証明書を取り寄せることで

確認することができます。
“家屋の相続財産はどのように算出するのでしょう” の詳細は »

自己破産では財産を処分しなければなりませんが・・・

財産の有無では、申立人にめぼしい財産がない場合は裁判所が破産財団をもって破産者に価値ある財産がないとみなされた場合には同時廃止決定がなされます。

自己破産でめぼしい財産が無い場合の債務整理はどうなるのでしょうか?

予納金は、破産手続きを申し立てる際、裁判所に納付する金銭です。破産手続きのための費用を予納しなければならず、予納先は破産管財人の指定口座になります。ある裁判所では30万円で、まとめて支払えない場合は分割を希望できます。預貯金、生命保険の解約返戻金なども充当することが可能です。しかしこれらが納められない場合はどうするのでしょうか。


“自己破産では財産を処分しなければなりませんが・・・” の詳細は »

相続人がいない場合

相続人がいない場合も、財産分与の手続きは行なわれます。

相続が開始すると、被相続人の財産に属した一切の権利義務が承継されます。
ただし、被相続人の一身に専属したものは除かれます。

◆相続できる財産◆
被相続人の財産に属した一切の権利義務。
つまり、被相続人が有していた全財産のほか、まだ発生していない
財産上の法律関係(たとえば土地を売る契約など)も継承します。

◆相続できない財産◆
被相続人その人にだけ帰属するもの。(一身専属権)
たとえば、年金受給権や土地家屋調査士資格などです。


“相続人がいない場合” の詳細は »

相続税の2割加算とういうのをご存知だろうか

相続税法は飛び越えて譲ることによる税逃れを抑えるために、2割加算の制度を用意しています。

各相続人の相続税額は、全体の相続税額を各自の取得遺産の配分に応じて算出した税額を基にして、
各ケースの状況により控除や加算をされ、それらを算出して決まります。
ここでは、相続税を2割加算される場合についてご説明します。
2割はかなりの負担になるので注意が必要です。
“相続税の2割加算とういうのをご存知だろうか” の詳細は »

遺産分割について知っておくべきこと

遺産分割とは、相続人全員による遺産の共有状態を、最終的に誰が単独で取得するのかを相続人全員で決めることです。

人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、亡くなった人の財産は当然に相続人に移転します。その時に複数の相続人がいると、亡くなった人の財産は相続人全員の共有状態になります。

遺産分割とは、このような相続人全員による遺産の共有状態を、最終的に誰が単独で取得するのかを決めることです。もちろん協議の結果、相続人全員の共有としても、問題ありません。

“遺産分割について知っておくべきこと” の詳細は »

« 過去の記事