アーカイブ: 2013年12月

代襲して元の相続人の分を受け継ぐ

相続人が既に亡くなっていた場合などは、さらにその相続人がかわりに相続します。

代襲相続とは、本来相続人になるはずだった人が、相続開始より前に死亡していたときなどに、
その相続人(子や孫)が代わって相続人になるという制度です。
この場合の代襲される者(亡くなった相続人だった人)を 「被代襲者」、
代襲する者(亡くなった相続人の相続人)を 「代襲者」 といいます。

たとえば、亡くなった方に子が3人いれば、その3人が相続人となりますが、
一人の子がすでに死んでいたというような場合は、
その死んでいる子の子、つまり被相続人からすると孫が、死んだ子に代わって相続人となります。

“代襲して元の相続人の分を受け継ぐ” の詳細は »

わかりにくいのは遺族年金の請求手続き

相続が発生し、請求の手続きをすると国からお金をもらえる可能性もあります。

人が亡くなると、遺族年金を受給できる場合があります。

 

国民年金から支給される遺族基礎年金、死亡一時金、寡婦年金、厚生年金保険から

支給される遺族厚生年金、中高齢寡婦加算や経過的寡婦加算、

厚生年金から支給される遺族給付金といったものを含めて、

死亡にかかる給付として受給できるものをまとめて 「遺族年金」 と一般的に呼んでいます。
“わかりにくいのは遺族年金の請求手続き” の詳細は »

連帯保証人が自己破産したら

債務者が自己破産をして連帯保証人の方が借金を背負ったというケースはよくある話し

債務者が自己破産をして連帯保証人の方が借金を背負ったというケースはよくある話しなのですが、借金の連帯保証人になってくれている人が自己破産したという場合について考えていきたいと思います。
“連帯保証人が自己破産したら” の詳細は »

遺言の種類を相続人は確認しましょう

自分で作成できる「自筆証書遺言」。相続人は、家庭裁判所で「検認」してもらう必要があります。

遺言を書いておけば、自分の財産を相続人にどう分配したいかなど、
自分の死後どうしたいかの内容について指定することができます。

遺言にはいくつかの種類があります。

“遺言の種類を相続人は確認しましょう” の詳細は »

相続手続きの種類はこんなにもたくさんある!

お身内を亡くされると、ご相続人にはたくさんのお手続きが待っています。 お手続き漏れによる不利益を防ぐためにも、専門家へのご相談をお勧めします!

相続の手続きと聞いて、
どれくらいの種類があると思われますか??
“相続手続きの種類はこんなにもたくさんある!” の詳細は »

任意整理は専門家にお任せください

任意整理のメリット 司法書士の介入後、「受任通知」を受け取った業者が、取立てを行うことは、法律で禁止されています。 司法書士が交渉します。将来利息がカットされる可能性があります。

かtt任意整理とは、裁判所を通さず、司法書士が直接、貸金業者と話し合い、借金の減額・将来利息のカット・返済回数などを交渉するお手続きです。
利息制限法に基づいた再計算をして、圧縮された借金を、原則、3年で分割返済をしていきます。
こんな方におすすめです
・一部の業者を外して借金を整理したい方
・借入れ期間が長い方
・周りに内緒でお手続きを進めたい方
任意整理のメリット
家族に内緒でお手続き 貸金業者からの、取立てが止まる
司法書士の介入後、「受任通知」を受け取った業者が、取立てを行うことは、法律で禁止されています。
司法書士が交渉します 原則、将来利息がカットされる
交渉によって、今後の利息をカットでき、元本のみを返済していくことになります。
翌日には督促がストップします 過払い金を請求できる場合がある
利息制限法での再計算により、過払い金が発生していれば、取り戻すことができます。
引き直し計算をします 一部の貸金業者を選ぶことができる
「保証人がついている」「車のローンが残っている」などの事情から、特定の業者を、整理する対象から外すことも可能です。
費用の分割も可能です 誰にも知られずに借金を整理することができる
裁判所を利用せず、官報にも載りませんので、家族や勤務先などに、内緒でお手続きができます。
任意整理のデメリット
任意整理について正しい知識を ブラックリストに載る
信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるため、5年~7年程度、新たな借入れをしたり、クレジットカードを作れません。
まずはお電話ください 取引の内容によっては再計算しても減額が少ない
元本のカットはなく、利息制限法に基づく再計算による減額のため、大幅な減額ができない場合があります。

任意整理とは、裁判所を通さず、司法書士が直接、貸金業者と話し合い、借金の減額・将来利息のカット・

返済回数などを交渉するお手続きです。

利息制限法に基づいた再計算をして、圧縮された借金を、原則、3年で分割返済をしていきます。
“任意整理は専門家にお任せください” の詳細は »

相続財産になるものとならないもの

亡くなった方が所持していた価値のある財産は、相続財産として、相続人に相続されます。

「相続財産」と聞いて一般的に思い浮かぶのは、現金や預貯金、不動産(家・マンションなどの建物や土地)だと思います。
これらのほかに、自動車、株券、国債などの有価証券、ゴルフ会員権、貴金属、骨董品なども相続財産に含まれます。

このように、亡くなった方が所持していた価値がありそうなものはほぼ相続財産となりますが、
生前に購入した墓地や墓石、仏壇などは相続財産に含まれません。
ただし、財産的価値が高いもの(例えば金で作られた仏具など)は相続財産の対象となる可能性もあります。
“相続財産になるものとならないもの” の詳細は »