アーカイブ: 2013年10月

過払い金って?

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています

過払金とは、文字通り、払いすぎた金銭をいいます。

特に、利息制限法の定める利率を超える高利の借入をした借主が、本来、借入金の返済は終わったのに、返済を続けたため、払いすぎた金銭をいいます。

金銭消費貸借の利息は利息制限法によって制限されています。よって、これを超える部分は無効となります。


“過払い金って?” の詳細は »

借金問題解決方法

債務整理にはいくつかの種類がありますが、どの方法も「借金で困っている人を守るための解決方法」ということです。正しい知識を身につけて、ベストな解決方法を選びましょう。

借金問題に苦しむ人は多いのですが、実は苦しむことなく借金を整理できるということはあまり知られていません。

たとえば、多額の借金で返済に困った場合には、破産などの手続きができます。「破産」と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人が多いですが、破産は借金問題から解放してくれるひとつの手段です。

どうしても払えないときには、検討してみてはいかがでしょうか。
“借金問題解決方法” の詳細は »

遺産分割は慎重に行いましょう

相続は必ずしも順番どおりとは限りません。

知人Aさんのご主人が亡くなった時のことです。

Aさんには息子さんが一人いて、「これから母さんの面倒は俺がみるから安心して」と言ってくれる親孝行な息子さんでした。

 

そこで、Aさんはご主人名義の自宅を、いずれは私のほうが先に死ぬのだから・・・と自分の法定相続分を放棄し、

100%息子さんの名義にしようと考えていらっしゃいました。
“遺産分割は慎重に行いましょう” の詳細は »

子供の相続の話は根が深いのだ

嫡出子と非嫡出子の相続はどのように決まっているのでしょうか?

親が亡くなった場合、子供が相続人となり、お金や不動産などの財産(亡くなった方に借金がある場合は負債も)を相続します。
しかし、事情によっては、子供が実の子供でなかったり・・・という場合があると思います。
その場合の相続はどのように決まっているのでしょうか。
“子供の相続の話は根が深いのだ” の詳細は »

会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!

資本金は1円以上であればよく、法律上、資本金の最低額の制度は撤廃されました。

会社を設立したいと考えた際に、一番初めに考えることは、どんな会社を設立するのかということです。
実は、会社と一言で言っても、いくつかの種類があります。
従来、会社には、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社の4つの類型が定められていました。
しかし、近年定められた会社法では、有限会社を廃止し、新たに合同会社という類型を創設しました。
株式会社というと、大手一流企業や大企業をイメージしますが、会社法の下では株式会社は30万円程度あれば設立できます。
“会社を設立したい!でも、そもそも会社ってどんな形態があるんだろう!” の詳細は »

相続を待つ人がいるのだからこわい

相続という仕組みを抜本的に変えて、家族円満の遺産分割できるのでは?

親がなくなた時の、
相続する財産を当てにしている方がいます。

切ないですね。。。
とはいえ、経済状況によっては、
それも仕方のないことなのかもしれません。

相続人同士でけんかするのも悲しいことですが、
もろもろの事情があってのことでしょう。
“相続を待つ人がいるのだからこわい” の詳細は »

相続登記と緑のカーテンがさいた

登記の専門家である司法書士

被相続人が所有者であった不動産は、所有者名義を変更しなくてもそのまま継続して居住することは可能です。

そのため、名義が祖父や曾祖父のままになっている場合も多くあります。
“相続登記と緑のカーテンがさいた” の詳細は »