アーカイブ: 2013年9月

胎児がいる場合の相続を知っておきましょうよ

胎児を含む相続の場合に、相続人たる権利はあるのかはある種の人にとって切実な問題だ。

相続が発生し、その相続人となるのは「人」です。当然ですが、会社そのものが相続人になることはありませんし、死の間際まで共にいた愛犬が相続人となることもありません。生きている「人」だけが相続人になれるのです。では、その相続における「人」の定義に胎児は入るのでしょうか。
“胎児がいる場合の相続を知っておきましょうよ” の詳細は »

親子が同時に死亡した場合は遺産分割協議はこうなる

同時死亡した場合の相続において、同時死亡者間で遺産分割協議は起こりません。

相続人となれる関係の親子が同時に死亡した場合、どうなるのでしょうか。まず、同時に死亡するケースですが、全く可能性が無いものではありません。確かに病気で同時にというのは難しいですが、例えば自動車に同乗中での交通事故や飛行機の墜落など突然の不幸に見舞われるということは十分にあり得ます。
“親子が同時に死亡した場合は遺産分割協議はこうなる” の詳細は »

親子が突然同時に死亡した時

親子が同時に死亡した時、本来、子が相続するはずであった相続分はどのように取り扱われるかを紹介します。

親子が突然の交通事故で同時に死亡してしまった場合、その相続はどのようにされるのでしょうか。例をあげてその流れをみてみます。

状況:死亡したのは父と息子、家族構成は父・母・息子・息子の妻・息子の子(孫)・娘
“親子が突然同時に死亡した時” の詳細は »

甥と姪だけの相続は苦慮するのだ

子や配偶者、親兄弟も亡くなり、甥と姪だけが相続するケース

被相続人に配偶者や子がなく、両親や祖父母兄弟姉妹など誰もいないとき、残された親族が甥や姪だけというケースがあります。通常、甥や姪が相続人になることはないのですが、被相続人の兄弟姉妹の相続分を代襲して相続することができます。
これは、それぞれの親が被相続人にとって通常の兄弟姉妹であればその相続分は平等となり、等分することとなります。その中に腹違いの兄弟である半血兄弟姉妹がいた場合は他の兄弟姉妹の2分の1が相続分となります。
“甥と姪だけの相続は苦慮するのだ” の詳細は »

大切な養子の相続と遺産分割協議のこと

養子が被相続人となった場合の養親と実親の相続について

被相続人に子も配偶者もいない時、その財産はどのようになるのでしょうか。
相続は、配偶者と血族の第1順位である子が相続するのですが、共にいない場合は血族の第2順位である親が相続します。親もいなければさらにその親たる祖父母が相続人となります。

“大切な養子の相続と遺産分割協議のこと” の詳細は »

遺贈を受けた者がいる場合の相続

遺贈を受けた者がいる場合の相続はどの様に扱われるのかの答えを言おうと思う。

遺贈は遺言書によって行われ、その遺言は一定の方式に従い書面にて作成したものを言い、被相続人が口頭で意思表示していただけではその効力はありません。但し、遺贈ではなく贈与契約などの場合はその効力が発生する場合もあります。

遺贈を受ける者を受遺者といい、家や土地といった特定した物を贈る特定遺贈と、遺産の何分の1かを遺贈するといった割合で贈る包括遺贈があります。
“遺贈を受けた者がいる場合の相続” の詳細は »

胎児にも代襲相続人となる場合があります

妻が妊娠中に夫が死亡、その夫の親がなくなり、相続が発生したとき、お腹の中にいる胎児は代襲相続人となります。

被相続人に妻がいて、その妻が妊娠しており胎児がいるとき、その胎児には相続能力があります。この時、胎児は生まれてきていないだけでその相続権利は他の相続人と同じように扱われます。では同様に、胎児が代襲相続人となることはあるのでしょうか。
“胎児にも代襲相続人となる場合があります” の詳細は »

他人の子が戸籍上の実子である時の相続

戸籍上の実子が血縁関係のない場合で、養子縁組がされていない場合、その相続人となることはできません

他人の子が戸籍上で実子として届けてある場合、実子として謄本上に記載があれば当然にその相続人たる権利を有するように考えられます。
実際にその子は相続人になれるのでしょうか?
“他人の子が戸籍上の実子である時の相続” の詳細は »

夫が妊娠中の妻を残して他界した時

妻が妊娠中に夫が死亡、その時胎児には相続権があるのでしょうか。また、胎児が死んで生まれてきた場合は?

妻が妊娠中に、夫が死去し相続が発生した場合その胎児にも相続能力があるのでしょうか。
相続人になれるのは人だけです。胎児は出生以前に人としての権利能力を持っていないのですが、出生後にその権利が発生することが歴然としていますから、胎児にも相続の権利があります。
“夫が妊娠中の妻を残して他界した時” の詳細は »

« 過去の記事