アーカイブ: 2013年8月

子だけが相続人となった時、養子はどうなるのか

養子となった子を含む、相続において養子と実子に違いはあるのか

父が亡くなり、母と子だけとなっていた家庭で、その母親も他界した時、その相続は子だけが相続人となります。この時、子が未成年であるかどうかは関係ありませんが、相続という法律行為を行う上では、未成年後見人などの選任を必要とします。
仮に残された子が2人いたとします。1人は実子、もう1人は養子である場合、その相続分に違いはあるのでしょうか。養子は実子に準ずるものとして血族のひとりとして扱われるため、相続においても実子と同じ扱いを受けます。
“子だけが相続人となった時、養子はどうなるのか” の詳細は »

先夫と愛人との間に子がいる時の相続

妻が先夫との間と愛人との間に子がある場合の相続

正式に婚姻し子を設けたが、夫に先立たれ、新しく付き合い始めた男性との間に子供ができたが、そのまま籍を入れることなく同棲していた時に妻が死亡してしまった場合、その遺産は誰が相続どれだけ相続することになるのでしょうか。
“先夫と愛人との間に子がいる時の相続” の詳細は »

贈与を受けた子と受けない子がいる相続

贈与を受けている者が相続人の中にいるときの相続分の出し方

相続のパターンで最も多いケースは、配偶者と子による相続です。
この時、遺言がなければ法律で定められた相続分で遺産を分けます。
しかし、相続人の中には被相続人が生前にいくらかの財産を贈与していることがあります。
“贈与を受けた子と受けない子がいる相続” の詳細は »

妻と子と愛人と愛人の子の相続の平成25年の時

愛人の子がいた時の相続分についてそのことについては嫡出子と違う規定があるが、今後は変わるだろう。

夫が死亡して悲しみにくれている最中、突然現れた愛人とその子供が遺産を目当てに突如現れたなどという、ドラマや映画のような出来事が、実際起きてしまった場合どうすればいいのでしょうか。
“妻と子と愛人と愛人の子の相続の平成25年の時” の詳細は »

妻と兄弟姉妹と甥と姪が相続する場合

代襲相続者を含む、配偶者と兄弟姉妹の相続

相続人は通常最も身近な配偶者と血族によってなされます。配偶者以外の相続順位は、第一順位が子、第二順位が孫や両親、第三順位が兄弟姉妹となります。
被相続人に、配偶者と子がいればそこで相続されるのが一般的に多いケースですが、もし、子がいなかった場合は、配偶者が全財産を相続するのではなく、子の子である孫がいれば孫が相続(代襲相続)しますが、それもいないとなると、第二順位の両親が相続人になり、それもいなければ第三順位の兄弟姉妹が相続人になるというわけです。
“妻と兄弟姉妹と甥と姪が相続する場合” の詳細は »

親だけが相続するケースもあります

配偶者と子がいない場合の相続は誰がするのか

被相続人に配偶者も子もいないとき、その遺産は誰が相続するのでしょうか。
相続の権利は、配偶者と血族にあります。血族といっても、どれだけ遠縁でも際限なくその権利が発生するのではなく、限りがあります。また、その血族の範囲に入っていたからといって、必ずしも相続人になれるわけではありません。相続には順位が決められているからです。

では、前述の場合はどうなるのでしょうか。
“親だけが相続するケースもあります” の詳細は »

妻と子と愛人と愛人の子の相続

妻子が相続後に非嫡出子が相続することになった時の相続分

夫が死亡して悲しみにくれている最中、突然現れた愛人とその子供が遺産を目当てに突如現れたなどという、ドラマや映画のような出来事が、実際起きてしまった場合どうすればいいのでしょうか。

まず、その愛人の子が本当に被相続人の子かどうかということです。
“妻と子と愛人と愛人の子の相続” の詳細は »

妻と子と養子にやった子の相続

養子に出した子がいる場合の相続はその子に相続人の権利があるのか

養子に出してしまった子がいる場合に相続が発生した時、その相続人たる権利は養子に出した子にあるのでしょうか。
養子に出すイコール親子でなくなるという事はありません。親子の縁を切る法律は無いからです。
“妻と子と養子にやった子の相続” の詳細は »

妻と子と孫の相続のことを紹介する

3世代の家族において代襲相続人が相続するケース

相続はその相続人の順位が決められています。
血族で、生計を共にし、家族として生活していても、必ずしも相続人になるとは限らないのです。

まず、被相続人が婚姻している場合子や孫の人数有無にかかわらず、配偶者の相続分は2分の1となります。次に相続の第一順位は子になるので、子の人数に係わらず残りの2分の1の遺産を平等に相続します。孫やひ孫が共に生活をし、生計の一部を担っていようとも、相続人になることはありません。
“妻と子と孫の相続のことを紹介する” の詳細は »

« 過去の記事