アーカイブ: 2013年7月

配偶者に認められている非課税の枠がある

配偶者に対する優遇措置、配偶者非課税枠とはを遺産分割の観点から述べる

相続税では、残された配偶者の生活の安定や、夫婦で協力して財産を築き上げてきたことなどを考え、配偶者に対する相続税の控除があります。
“配偶者に認められている非課税の枠がある” の詳細は »

間違うと危険な相続税の対象とはこれです

相続財産には様々なものがあり、それを特性別にしてご紹介します。

相続税の対象となる相続財産は、その特性によりいくつかに分けられます。
① 本来の相続財産
これは被相続人から相続もしくは遺贈によって相続人が受け取る財産のことで、お金として換算できるもの全てを対象とします。預貯金や不動産、株式や会員権、宝石や貴金属、電話加入権や立木などです。
“間違うと危険な相続税の対象とはこれです” の詳細は »

相続人になり得る人物とは単純に決まる

相続人になりうる条件と、その資格喪失の条件葉そんなに数多くない法律の通りだぞ。

当然ではありますが、相続人は「人」とあるように、人は誰でも相続人になる資格が有ります。法人や、団体など親族関係を持つことが出来ない場合、相続人になることは出来ません。

では、胎児の場合はどうなるのでしょうか。
“相続人になり得る人物とは単純に決まる” の詳細は »

相続の順位を特定できたら遺産分割協議

相続人の順位。配偶者と血族の相続権

相続人は配偶者と血族の2種があります。

この時の配偶者とは、法律上婚姻関係にある正式な妻もしくは夫のことであり、内縁関係は含まれません。また、配偶者は相続欠格や廃除にならない限り、常に相続人となります。

一方、血族(血の続いた親族のこと、例外として養子は子と同じに取り扱われるので、血族としての地位を持ちます)の内、相続人となる可能性があるのは直系卑属(子、孫、ひ孫など)や直系尊属(両親、祖父母など)と兄弟姉妹、甥、姪、になります。
“相続の順位を特定できたら遺産分割協議” の詳細は »

遺産分割における共同で相続人になる人

共同相続人の担保責任はどのように及ぶのかを知っておくと自分にかかわる法律トラブルを未然に防げるよ

死者に対する哀悼の意は表しても、やはり残されたものは生きて行かなくてはならないので、悲しんでばかりはいられません。
当然の如く相続という問題に取り組むことになります。
“遺産分割における共同で相続人になる人” の詳細は »

遺産分割後における被認知者の請求

遺産の分割後に現れた被認知者に対する遺産の配分なのかを分っておきましょう

ドラマや映画の中の事ではなく、現実に自分の父親が亡くなった後、父の子を名乗る人物が現れ、その子供が父親の子供だとう認知を求め、相続人としての遺産の取り分を要求してくる。といった事があります。
“遺産分割後における被認知者の請求” の詳細は »

遺産分割の効力の発生時期とは意外に大事だ

遺産分割協議後から遡って発生する相続の効力を分っておかないと財産のことでもめてしまうから注意しよう。

遺産の分割は相続開始(被相続人の死亡の瞬間)より後になって行われるのですが、その効力の発生時期は分割が成されてから発生するのではなく、相続開始時に遡り発生します。
“遺産分割の効力の発生時期とは意外に大事だ” の詳細は »

遺産分割とは遺言をもって指示できる

相続人が複数人いる場合、その分け方(遺産分割)はどう決めるのか

相続人が一人の場合、被相続人の財産がそのまま相続人へと財産的地位が承継されるだけで済みますが、相続人が二人以上いる場合はどうなるのでしょうか。

相続は、被相続人が死亡した瞬間に開始されます。よってその相続分も法律の規定(遺言がある場合はその記載)によって自動的に定まります。
“遺産分割とは遺言をもって指示できる” の詳細は »

債務を負った場合の相続の放棄を考える

相続は全財産を一括して引き継ぐ為、場合によっては放棄した方が良い場合もあります

相続は被相続人の全財産について包括的に行われます。つまり、あらゆる所有権や権利、債務などすべてを一つの財産として、相続人が自分ひとりであればその全てを、
何人かいれば、半分であったり、3分の1というように財産を一括して取り扱うことになります。

その為、家は長男が、現金は配偶者が、車は次男が、というように具体的に決まるのではなく、割合に応じて決まるのです。
“債務を負った場合の相続の放棄を考える” の詳細は »