アーカイブ: 2013年5月

過払い金と貸金業者の法規制

貸金業者の行う様々な行為についての規制も強化されています。
主な内容は下記の通りです。

夜間に加えて日中の執拗な取立行為など、取立規制を強化

貸付業者が、借り手等の自殺により保険金が支払われる保険契約を締結することを禁止

公正証書作成にかかる委任状の取得を禁止。利息制限法の金利を超える貸付けの契約について公正証書の作成の嘱託を禁止

連帯保証人の保護を徹底するため、連帯保証人に対して、催告・検索の抗弁権がないことの説明を義務付け

貸付けにあたり、トータルの元利負担額などを説明した書面の事前交付を義務付ける
“過払い金と貸金業者の法規制” の詳細は »

同時死亡の推定とが想定しているシチュエーション

相続関係にあるものが、同時に死亡した場合の相続はどうなるの?

相続人と被相続人が同時に死亡した場合の相続はどうなるのでしょうか。
例えば、交通事故で父親と長男が死亡したとします。一瞬で同時に死亡することも考えられますが、多くはどちらか一方が多少の時間生き残っていることが多いでしょう。
“同時死亡の推定とが想定しているシチュエーション” の詳細は »

財産を公平に扱う相続とはどんなことだい

「相続とは」という法的に見た相続の入門的なご紹介です

相続と聞くと、思い起こすのが、親が無くなりその財産を子供たちが争って取り合うドラマのようなものではないでしょうか。親のものを子供が受け継ぐのは当たり前と考えがちですが、若くして莫大な財産を受け継ぐのが本当に良いことなのかと疑問を感じえません。
“財産を公平に扱う相続とはどんなことだい” の詳細は »

相続税の対策における遺産分割協議

相続による土地の評価額と一般売買における評価額の差額を利用、また、遺産分割協議書や土地の用途を変えることにより節税

相続による土地の評価は、その利用区分にとって評価額が異なります。
居住用の宅地なのか、貸地や賃家権付地なのかといった具合に用途や借地権がついているか否かといったことでその評価額減が行われるのです。

土地の有効活用とは、決して地代や家賃等の収入を得るだけではなく、土地の用途を変えて財産評価を下げ、税金対策を行うこともその一つです。
“相続税の対策における遺産分割協議” の詳細は »

相続における物納についてのメリットと現場の実務

相続税を支払うことが困難な時に物納という方法もあります。やり方を知っておけば安心だ。

相続が発生すると、相続税を金銭にて一括で支払わなくてはなりません。

しかし、不動産の相続がほとんどで、相続税の支払いが困難となる場合があります。そのような場合は、「物納」という方法を取ることが出来ます。その場合申請が必要となります。

主な流れとしては、相続が発生したら相続財産の目録を作成します。次にその内容をよく調べ、相続税の財源をどうするのかを検討。この時、もし相続財産の大半が不動産と同族会社の株式等で占められている場合には、物納の申請を行います。
“相続における物納についてのメリットと現場の実務” の詳細は »

納税の対策のいろはを相続の目で述べる

相続の納税対策の一つとして、生命保険の活用を考える

相続財産を巡っての争いは決して少なくありません。それらの争議を少なくするためにも、また相続税の問題なども焦点に入れて早めに納税対策を取られると良いでしょう。
“納税の対策のいろはを相続の目で述べる” の詳細は »

相続税の効果的な節役とはこうなる

相続税における資産評価額の算出差額を利用した節税

誰もが税金を出来るだけ安くしたいと考えているはずです。しかし、税金を払わないようにするというと、ついつい節税を悪く捉えがちですが、「払うべきものを払わない」「行き過ぎた節税行為」ではなく適正なものであれば、節税は誰しもが持つ権利です。
“相続税の効果的な節役とはこうなる” の詳細は »

むかしは流行った相続における物納

相続が発生した時に支払いが困難。そんな時の方法として、遺産分割で工夫する。

相続による相続財産の受け取りや、遺贈などが発生した場合、相続税を支払わなければなりません。その際、通常金銭で納付しますが、それが困難な場合はどうすれば良いのでしょうか。

金銭での納付が難しい場合、物納ということが出来ます。
“むかしは流行った相続における物納” の詳細は »

不動産の相続と節税のための対策をする

評価の差額を利用した効果的な不動産の相続と節税を念頭に遺産分割協議を行う

相続というと現金や有価証券といったものが浮かびますが、不動産もその一つです。

この不動産の価格は「路線価」「固定資産評価額」といった価格を基に算出されます。これらは市町村役場などで固定資産税台帳を閲覧するか、固定資産評価証明書を取得すれば分かります。(固定資産税納税通知書にも記載あり)他にも、国税庁のHPなどで見ることができます。
“不動産の相続と節税のための対策をする” の詳細は »

評価の差額による相続税の減額

相続税における評価額の算出と実勢価額を考慮して、遺産分割協議に臨みましょう

相続税は一部を除き、お金に換算できる全ての資産価値が対象となります。預貯金はその金額がそのまま相続課税対象となる相続財産に計上されますが、不動産は相続税の評価方式によって計上されるため、実際の取引価格と異なります。

これにより想定していた相続税が実際には少なくて済むということもあり得ます。

例えば、不動産を幾つか所有しているAさん。土地の有効活用を考え駐車場や賃貸マンションを建築し経営を行っていたが他界。マンションの実勢価格が3億円だったとしても、相続税の評価額が2億円と減額。加えて、アパートの建築費用を銀行の融資にて得ていたとすると、その債務額がそのまま相続資産の総額から控除されるといった具合です。
“評価の差額による相続税の減額” の詳細は »

« 過去の記事