アーカイブ: 2013年1月

相続放棄は相続人を守ってくれます

相続の方法を自由に選べる期間は「相続開始及び自己が相続人となったことを知ってから3ヶ月以内」です

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、家族などの相続人が受け
継ぐことになります。その受け継ぐ財産には、不動産、現金、預貯金、株券などのプラ
スの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

そのため、プラスの財産よりも借金などのマイナスの財産のほうが多い場合には、そ
のまま全てを相続してしまうと、相続人が借金などの債務を返済しなければならないこ
とになります。
“相続放棄は相続人を守ってくれます” の詳細は »

生保の相続について知っておきたいこと

遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければいけないと困ります。

生命保険の相続対策

相続財産が自宅とアパートだけといった場合など、遺産のほとんどが不動産で現預金はあまりないと言った場合に相続税を納付しなければならなくなってしまうと、相続税の納付に困ってしまうことがあります。このような場合に、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 被相続人が生命保険に加入し、受取人を相続人にしておけば、死亡保険金が入ってきますので不動産を売却することなく相続税を支払うことができる場合があります。
“生保の相続について知っておきたいこと” の詳細は »

過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?

安心して債務整理を依頼できるところを選びましょう。

一般的には弁護士さんは訴訟等の代理人、司法書士さんはその法律にかかる文書の作成や登記等手続きの代行をするのが仕事です。

しかし、簡易裁判所の訴訟代理等関係業務にかかる認定を法務大臣から受けた司法書士は名前のごとく簡易裁判所の訴訟に関しては代理人を務めることができ、他には調停、裁判所以外の民事の紛争も代理人として業務を行うことができます。
“過払い請求は誰に頼めばいいのだろう?” の詳細は »