アーカイブ: 2012年11月

債務を自己破産という方法で整理する

債務整理のなかでも大きく分けると自己破産という手段もあるが、一般的な債務整理とは異なり、必要最低限のもの意外を失う可能性もあるため手段としては慎重を期す必要があります。

自己破産とは、債務者自身が裁判所に破産申し立てをすることをいいます。
“債務を自己破産という方法で整理する” の詳細は »

利息制限法の内容があるから債務整理がある

法改正に伴い、グレーゾーン撤廃等による債務整理の本当の意味がなされるように。過払い金返還手続きをきちんとすれば払いすぎた利息は取り戻せます。

利息制限法の金利とグレーゾーンについて、債務整理にどのような影響を与えていたのか見ていきましょう。通常、利息制限法による金利は以下の通りとされています。
“利息制限法の内容があるから債務整理がある” の詳細は »

消費者金融に負けない債務整理をすすめましょう

債務整理の際に問題になる消費者金融の金利。あとあと借りたお金より多くの金利になってしまうことも懸念されるので慎重な計画性と借り入れのチェックが必要です。

あなたに例えば、担保となるものや、保証人がいない場合、または緊急に融資を必要とする場合などは借り入れが一般の金融機関ではできなくなります。
“消費者金融に負けない債務整理をすすめましょう” の詳細は »

ハードシップ免責と債務整理を比べちゃうよ

債務整理の再生計画においてまじめに取り組んでいるにもかかわらず途中で計画が遂行できなくなった場合、あてはまればハードシップ免責を受けることが出来ます。

債務整理の中でハードシップ免責というものがあります。どのようなものでしょうか?

これは一定の厳格な要件があれば、破産することなく残債務の免責が受けられる制度のことを言います。
“ハードシップ免責と債務整理を比べちゃうよ” の詳細は »

債務整理における免責とは何だろう

債務整理の破産において債務の支払いを免除される免責はあるが、当然ながら破産の目的にあわない行為がある場合は免責不許可となります。

免責とは、破産者の債務の支払義務を免除する制度の事を指します。

破産した人は一定の条件にあてはまっていると支払いの義務を免除されるのです。
“債務整理における免責とは何だろう” の詳細は »

債務整理の多重債務とは

債務整理の多重債務はほとんどが金利の支払いに追われる不当な場合が多い。一度、専門家に相談して払いすぎた金利などが無いようにしたい。

多重債務とはどのような仕組みになって陥るものでしょうか。

債権整理で多重債務になっていることは多いものです。

その意味としてはそのままで「債務を多く負ってしまう」ことを

さします。ひとつの債務だけでなく多くの債務を負うことで

債務整理も困難になってしまうわけです。

その多重債務に陥った人のことを多重債務者とよびます。

多重債務者は1社からの借り入れではなく、複数に借入を行っている

ことがほとんどで債務整理も複雑になってしまいます。
“債務整理の多重債務とは” の詳細は »

小規模な個人のための再生の債務整理手続

債務整理の小規模個人再生を覚えておくと該当する場合、再生計画の近道になることもあります。

小規模個人再生とは将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあること、
かつ、再生債権(債務者が抱える債務のうち、公租公課を除いたもの)の総額が5000万円を超えない個人である債務者が行う民事再生をいいます。
“小規模な個人のための再生の債務整理手続” の詳細は »

債務整理の給与所得者等再生

債務整理で一定の給与所得者は独自の再生法も利用できる。しかし、条件に注意。

債務整理の中で、小規模個人再生を申し立てることができる(利用できる対象者については、無担保の借金が5000万円以下で安定した収入がある個人が対象でとなる制度です。)という者のうち、給与又はこれに類する定期的な収入を得る見込みがあり、その変動の幅が小さいされる人だけが適用される民事再生法を給与所得者等再生といいます。小規模個人再生の対象になる人のうち一般のサラリーマンなど将来の収入が確実に得ることができる人が対象の手続を具体的には指し、適用条件は以下の通りです。債務整理において自分が該当しているかどうかを確認してみましょう。

利用できる人達は以下のような人達です。

サラリーマン、公務員、年金・恩給受給者、契約・派遣社員(長期の契約等が前提になる場合)、歩合が大きくない歩合制社員、アルバイト・パート・フリーター(継続的に仕事をし、安定した収入を得ている場合)。

給与所得者等再生の適用条件とは

1.収入が定期的で変動の幅が小さいこと

2.債務の総額が5000万円以下

3.過去10年以内に破産免責決定等など受けていない

4.最低弁済基準の王権を満たす

逆に、再生計画を利用できない人は以下の用件に当てはまる人です。

★自営業者

★再生計画、再生手続に法律違反がある場合

★弁済総額が最低弁済額に達していない場合

★債務者に給与収入やそれに類する定期的な収入の見込みがない、またはその額の変動が小さいと見込めない場合

★再申立制限に抵触している場合

★可処分所得での弁済要件に反している場合

★再生債権総額から、弁済が受けられる額等を控除した額が、5,000万円を超える場合

給与所得者等再生は可処分所得を返済額とします。

年間の手取収入から税金と年間最低生活費を引いた金額の2 年分のことを表しているものとされ、可処分所得の割り出し方は、 収入-(税+保険料+最低限の生活費)

年間収入は、源泉徴収票の支払額になります。

社会保険料(源泉徴収票の社会保険等の金額)

国税(源泉徴収票の源泉徴収額)

住民税(納税証明書)

最低限の生活費となります。

任意整理にという手段の進み方を知る

任意整理は債務整理の中でも簡単にトライできるが、確実な内容にするためにも専門家(認定司法書士、弁護士)に相談してサポートを貰うことをおすすめ。

債務整理の中で、任意整理も専門家に相談するのが良いといわれています。

その理由をココでメリットとしてお話ししておきましょう。まず、任意整理は、裁判所が関与しないで行われる債務整理の方法のことです。私的整理ともよばれています。
“任意整理にという手段の進み方を知る” の詳細は »

不当な金利撤廃と債務整理

法改正後の債務整理は不当な金利や行為で悩んでいた人には救世主になり、 専門家を通してますます容易に確実な返済計画や過払い金返還が行われるようになりました。

平成22年6月18日以降、出資法の上限金利が20%に引き下げられ、

グレーゾーン金利が撤廃されました。これによって、債務整理に大きな変化が出てきたのは周知の通りです。上限金利は利息制限法の水
“不当な金利撤廃と債務整理” の詳細は »

« 過去の記事