アーカイブ: 2012年8月

特別受益の持ち戻しという制度を理解する

役所の税務課で被相続人名義の名寄せ帳というのを取得しますと、その役所管轄内で被相続人が所有していた不動産がすべて把握できます

相続分の計算では・・・・相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定される。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。ただし特別受益となるのは以下の場合です。
“特別受益の持ち戻しという制度を理解する” の詳細は »

相続と不動産の評価は大事な要素です

相続人同士で話がつかない場合は 不動産鑑定士に依頼する方法もありますよ

相続の不動産の評価は・・・⇒ 建物土地になります。土地の一部として森林樹木などを財産としてみなすことが出来ますが特別な登記の手続きによって、土地とは切り離した財産とすることも可能です。
“相続と不動産の評価は大事な要素です” の詳細は »

相続の財産の調査って必要なのでしょうか

相続人が相続が開始したことを知っていて法的な手続きをとらないままにしていると3カ月後には法定相続分通りに相続したものとみなされてしまいます

相続財産は『事前に調査出来ればベター』とされています。相続というのは現金だけではなく預貯金、株券、不動産といった積極財産ばかりではなくマイナスの財産としての借金、買掛金、保証債務なども含まれているからです。
“相続の財産の調査って必要なのでしょうか” の詳細は »

同時に死亡したときの相続

同時に死亡したと推定されると同時存在の原則により同一の事故では相続が生じないということもあります

相続はどんな場合に開始されるのでしょうか。
民法では「相続は死亡によって開始する」とあります。

(882条)したがって共同相続人がその持ち分に応じて死亡と同時に相続が開始されます。
“同時に死亡したときの相続” の詳細は »

相続と遺留分減殺請求とは

相続で遺言と遺留分の関係では、遺留分に反する遺言もすることができます

相続される人(被相続人)・・・原則として、自由に遺言することができます。ただし遺言の中身が不公平ですと、後々もめごとにも発展するので注意が必要です。
“相続と遺留分減殺請求とは” の詳細は »

相続の順位については

第1順位の直系卑属と、第2順位の直系尊属が 誰もいないときは、被相続人の兄弟姉妹が相続人になりますよ

法律上の届出がされていない、内縁関係の人の相続は認められていません。ただしその子供=非嫡出子は、第1順位の相続権が認められています。ただし、相続分は実子の1/2となっています。相続の優先順位については以下のようになっています。
“相続の順位については” の詳細は »

相続税が課税されるかのチェックをしよう

代襲相続の場合には、誰がどのような位置づけにあるのかを見ておく必要がありますよ

1)課税遺産総額
課税遺産総額=上記の差引課税価格((1)-(2)) - 基礎控除額
(基礎控除額 = 5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数)これより少ない場合(基礎控除額)は課税されませんので注意してください。
“相続税が課税されるかのチェックをしよう” の詳細は »

相続と不在者財産管理人選任の申し立てとは

生死が不明な人の代わりに財産管理人を 選任することによって相続の遺産分割協議などを行うことができます

不在の事実を証する資料(不在者の戸籍附票謄本など)・・・・利害関係を証する資料・・・・財産目録、不動産登記簿謄本各1通※場合によっては、ほかの資料の提出を要求されることあり。
“相続と不在者財産管理人選任の申し立てとは” の詳細は »

« 過去の記事