アーカイブ: 2012年1月

相続税が課税されるかのチェック

代襲相続とは、本来相続すべき人が被相続人より先に死亡している場合、その子孫が「身代わり」になって相続することです

1)課税遺産総額
課税遺産総額=上記の差引課税価格((1)-(2)) - 基礎控除額
(基礎控除額 = 5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数)

これより少ない場合(基礎控除額)は課税されません。
“相続税が課税されるかのチェック” の詳細は »

特別に生前に受益のあった者の相続

相続人が生前贈与や遺贈を受けていた場合は、他の相続人との公平を期すために本来の相続分から受益分を差し引くことが定められていますよ

(特別受益者の相続分)
第九百三条 共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。
“特別に生前に受益のあった者の相続” の詳細は »

代襲相続と連れ子の関係をしる

代襲相続とその手続について民法で定められています。知らないと対象者が多くてびっくりする。

連れ子のいる人が再婚し、再婚相手が死亡した場合、
この連れ子は相続権はありません。相続できるようにする為には、
再婚相手と生前に養子縁組をしていなければなりません。
“代襲相続と連れ子の関係をしる” の詳細は »

相続の優先関係は順位という概念できまる

横浜の相続人のかたへ、民法で相続は順番が決まっています。

相続のパターン(法定相続人)

配偶者がいる場合
1. 配偶者 + 第1順位者(子 または 孫)
2. 配偶者 + 第2順位者(父母 または 祖父母)
3. 配偶者 + 第3順位者(兄弟姉妹 または 甥・姪)
4. 配偶者
“相続の優先関係は順位という概念できまる” の詳細は »

法定されている相続分の放棄と廃除いう仕組み

法定相続人でも、相続を放棄したり廃除対象としてみなされると、相続できないことがありますよ

法定相続人でも、相続を放棄したり廃除対象としてみなされると
相続できないことがあります。
“法定されている相続分の放棄と廃除いう仕組み” の詳細は »

相続の効力ってどんなものがあるのだろう

横浜のかたへ相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継しますよ。

(相続の一般的効力)
第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。
“相続の効力ってどんなものがあるのだろう” の詳細は »

法定されている相続人のことをまず覚えるのだ

横浜の方へ、相続開始後3ヶ月以内に相続の手続の進め方は決め名kればなりません

相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立てにより、家庭裁判所はその期間を延長することも可能です。
“法定されている相続人のことをまず覚えるのだ” の詳細は »

相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは

横浜の遺産分割協議は専門家にお任せください。ただし、信用できるところに行ったほうがいいでしょう。

相続人全員で遺産分割協議をして、どのように配分するかを決めます。民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますがこの遺産分割協議の方を優先しています。

例えば、配偶者と長男、長女が相続人の場合、民法では配偶者1/2、長男1/4、長女1/4の配分です。
“相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは” の詳細は »

震災後の相続について

東日本震災での相続手続については、特例があります。手続については、事例をよく検討し、手続をされることをお勧めします。

東日本大震災の被災者である相続人について、相続の放棄や
限定承認をできる期間が延長されました。以下の通りに特例と
して法務省から通達されています。
“震災後の相続について” の詳細は »

« 過去の記事