アーカイブ: 2011年12月

利息制限法の金利とグレーゾーン

利息制限法の制限利率を超えるため、民事上は違法ではあるが、 出資法等には違反しないため、刑事上は合法となる利率の範囲

通常、利息制限法による金利は元本 10万円の倍 年2割10万円以上100万円未満の場合 年1割8分100万円以上の場合       
“利息制限法の金利とグレーゾーン” の詳細は »

相続税と贈与税の納税猶予額について

贈与時の価額により他の相続財産と合算して相続税を計算しますよ

・・・贈与税の納税猶予額は、納税猶予の特例を受ける非上場株式等の数に対応する価額から基礎控除額(110万円)を控除した残額に贈与税の税率を適用して計算した額となります。
“相続税と贈与税の納税猶予額について” の詳細は »

相続の小規模の宅地の特例

相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、条件を満たせば、減税されます

事業用宅地 ・・・・・・・・相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、下記の条件を満たせば、400平方メートルまで80%を減額。ただし、申告期限まで宅地を保有していないときは、200平方メートルまで50%を減額。
“相続の小規模の宅地の特例” の詳細は »

そのほかの相続に関する控除の項目

相続税が発生する程度の資産がある場合には、1度選択してしまうと変更できませんので注意が必要ですよ

相続時精算課税制度を受ける場合の注意点・・・・相続税が発生する程度の資産がある場合には、1度選択してしまうと変更できませんので注意が必要です。

相次相続控除・・・・10年以内に2回の相続があった場合は税額控除が受けられます。
“そのほかの相続に関する控除の項目” の詳細は »

相続税の計算はいったどういう仕組みだ

遺産総額に加算された「相続時精算課税の適用を受ける贈与財産(2,500万円まで)」の価格に対する贈与税額。

次の人以外の人の場合には、20%が加算されます。ただし、被相続人の養子となったその被相続人の孫には、20%が加算されます。被相続人の配偶者被相続人の子 (養子となった実の孫は対象外)被相続人の親被相続人の子の代襲相続人としての孫法定相続分に応ずる取得費用
“相続税の計算はいったどういう仕組みだ” の詳細は »

農地等の納税を猶予して税額を納付するんだ

相続するにも、経営承継受贈者の要件とは、各種要件を整えていないといけません

★特例農地等について、譲渡等があった場合・・・・譲渡等には、譲渡、贈与若しくは転用のほか、地上権、永小作権、使用貸借による権利若しくは賃借権の設定(一定の要件を満たすものは除きます。)
“農地等の納税を猶予して税額を納付するんだ” の詳細は »

離婚して財産をもらったときにはこうなる

保険料を負担していない人が、満期や解約又は被保険者の死亡により、生命保険金を受け取った場合には、贈与があったものとみなされますよ

離婚により相手方から財産をもらった場合の贈与税はどうなっているのでしょうか?通常、贈与税がかかることはありません。これは、夫婦の財産関係の清算や離婚後の生活保障のための財産分与請求権に基づき給付を受けたものとみなされるからです。ただし、次のいずれかに当てはまる場合には贈与税がかかります。
“離婚して財産をもらったときにはこうなる” の詳細は »

相続の放棄を確実にするには

自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければなりませんよ

相続放棄は、家庭裁判所の許可が必要です。相続を放棄するためには、
相続の開始(被相続人が亡くなったとき)か、自分が相続人となったことを知ったときから、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申請をしなければなりません。相続人が未成年者や被後見人の場合は、法定代理人(特別代理人)や後見人が相続が起きたことを知ってから3ヶ月以内に、代理人や後見人が相続放棄を申請します。
“相続の放棄を確実にするには” の詳細は »

負担付で相続や遺贈をする、させるという制度がある

被相続人が死んでしまうことで、他に身寄りのない幼い子供が路頭に迷ってしまうような場合に有効

負贈与する代わりの代償として、受贈者に何かしらの義務を負担してもらおうという契約をいいます。「これをあげるから、かわりにこれをやって」というものです。
“負担付で相続や遺贈をする、させるという制度がある” の詳細は »

贈与税の延納を受けるための要件

贈与された財産が土地や借地権などである場合及び家屋や構築物などである場合のこと。

延納を受けるには、次の三つのすべてに当てはまることが必要です。申告による納付税額が10万円を超えていること金銭で一度に納めることが難しい理由があること担保を提供すること ただし、延納税額が50万円未満で延納期間が3年以下の場合、担保は必要ありません。

★贈与税延納の手続き延納するための手続・・・・・・その1:延納しようとする贈与税の納期限又は納付すべき日(延納申請期限)までに、延納申請書に担保提供関係書類を添付。
“贈与税の延納を受けるための要件” の詳細は »

« 過去の記事