アーカイブ: 2011年11月

債務整理はどんな専門家に依頼したらいいの?

報酬金・・・・成功報酬のことです。債務整理で債務額を 減らせた場合や、過払い金返還請求で過払い金を取り戻せた場合に 発生します。

頼れる専門家は自分にあったしっかりしたところを選びたいものです。

その目安をここではお教えします。しっかりとした対応をしてくれるか・・・・・
ちゃんと話を聞いてくれなかったり、難しい専門用語ばかり話すのはNG。
事務的な対応だけをする、一方的な解決策のみを押し付けてるのもダメ。

“債務整理はどんな専門家に依頼したらいいの?” の詳細は »

遺言が実行される前の相続の権利

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで。

第909条
遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

(相続の放棄の効力)
第939条
相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

第938条
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

第940条
1.相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

2.第645条 、第646条 、第560条第1項 及び第2項 並びに第918条第2項及び第3項の規定は、前項の場合について準用する。相続放棄に必要な書類

<相続放棄申述書>

提出先 ・被相続人の死亡地の家庭裁判所
提出人 ・相続放棄する本人
必要書類 ・相続放棄申述書
・提出人の戸籍謄本
・被相続人の戸籍(除籍)謄本
費用 ・収入印紙代800円、通信切手代(家庭裁判所によって違いがあり)
特別代理人の選任が必要な場合・・・・・・

●未成年者と法定代理人が共同相続人となっている場合
●未成年者のみが相続放棄をする場合
●複数の未成年者が相続人の場合で、その法定代理人が一部の
●未成年者を代理して相続放棄をする場合

特別代理人の選任方法、
特別代理人の選任も家庭裁判所に対して申し立てをおこします。

次の3つの相続の特徴を知っておくとばっちりです。

相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

相続放棄・・・・財産も債権もすべて引き継がないその1:相続人が単独で放棄することが出来る。

その2:相続開始から3カ月以内に家庭裁判所に申し出る。その3:相続放棄の手続きをとらずに、遺産を相続しないということもできる。
“次の3つの相続の特徴を知っておくとばっちりです。” の詳細は »

こつぶな干しいも

静岡県産のほしいも、やわらかくて美味しいですよ~。皆様にもぜひおすすめしたいです。

干しいもが美味しい季節になってきました。
中国産の干しいもはかたいものが多いですが、静岡県産のものを買ってみました。
やわらかくて美味しいですよ~。
“こつぶな干しいも” の詳細は »

よく分っていないと危ないのが相続権の譲渡だ

相続権は民法によって全遺産に対して譲渡できるとしています。ただし、自分の権利の量に対してです。

相続分の譲渡が、他の相続人に対して行われた場合、
その後の手続が相続人によって行われる通常の遺産分割協議であることに変わりはありません。ただし、相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である譲受人を含めたところで、
遺産分割協議が必要になってきます。
“よく分っていないと危ないのが相続権の譲渡だ” の詳細は »

普通にすべてを引き継ぐ以外の相続の承認の内容

単純承認と限定承認に日本の相続承認は分けられています。

相続人が被相続人の権利義務の承継を受諾することを相続の承認といいます。
単純承認と限定承認に日本の相続承認は分けられています。
単純承認・・・・相続により相続人が被相続人の権利義務を無限に承継するものです。
“普通にすべてを引き継ぐ以外の相続の承認の内容” の詳細は »

相続における一身専属的権利

相続の効果とは?・・・相続の一般的効果とはそうぞくにより、相続人は原則として被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。

相続人の一身専属的権利・・・
相続が発生しても承継されないものには(896条但書)以下のようなものがあります。
★代理権(111条1項1号)
“相続における一身専属的権利” の詳細は »

相続における遺言執行者の義務

相続における受任者は委任の本旨に従い善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う

義務の内容
●相続における受任者の注意義務 ・・・・・
受任者は委任の本旨に従い善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う: 民法644条

●相続における受任者の報告義務・・・・ 受任者は委任者の請求があるときは
いつでも委任事務処理の状況を報告しまた委任終了の後は遅滞なく
その顛末を報告することを要する:民法645条

●相続における受任者の受取物引渡し等の義務・・・・
①受任者は委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引渡すことを要する
②受任者が委任者のために自己の名をもって取得した権利はこれを委任者に移転することを要する 民法646条
受任者の金銭消費の責任 受任者が委任者に引渡すべき金額またはその利益のために用いるべき金額を自己のために消費したときは、その消費した日以後の利息を支払うことを要する。なお損害があるときはその賠償の責任がある。

民法647条
●相続における受任者の費用償還請求権等
①受任者が委任事務を処理するのに必要と認めた費用を出したときは委任者に対してその費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる

②受任者が委任事務を処理するのに必要と認められる債務を負担したときは委任者をして自己に代わってその弁済をなさしめまたその債務が弁済期でないときは相当の担保を提供させることができる
③受任者が委任事務を処理するため自己に過失なく損害を受けたときは委任者に対してその賠償を請求することができる 

民法650条
遺言執行者への報酬
◆遺言執行者への報酬について
1 遺言者がその遺言に遺言執行者の報酬を定めたときは、
遺言書の定めによる(民法1018条1項但書)。
2 家庭裁判所が定めたときは、家庭裁判所が、相続財産の状況その他の事情によって遺言執行者の報酬を定めることができる(民法1018条1項本文)

定義を理解していけば相続で遺言の執行者を信用できる

未成年者および破産者以外であれば相続人でもなれます

その1:未成年者及破産者以外であれば相続人でもなれます
(民法1009条)
その2:適任者がいないときは、家庭裁判所は利害関係人の
請求によって、遺言執行者を選任することができます
“定義を理解していけば相続で遺言の執行者を信用できる” の詳細は »

« 過去の記事