アーカイブ: 2011年10月

遺言と相続を考察してみました

遺言の相談は相続手続支援センター横浜駅前にお任せいただけます

先日、
相続の手続ご相談いただいた方のことです。

亡くなられた方が残された
遺言にこう書かれていました。

不動産を妻、長女、孫(長女の子)、孫の4名で話し合ってわけること。

孫は未成年です。
この遺言の内容ですと、
4名で話し合いが必要です。
“遺言と相続を考察してみました” の詳細は »

推定される相続人の廃除の取消し

被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを家庭裁判所に請求することができる。

894条 1項 被相続人は、いつでも、推定相続人の廃除の取消しを
家庭裁判所に請求することができる。
2項 前条の規定は、推定相続人の廃除の取消しについて準用する。
“推定される相続人の廃除の取消し” の詳細は »

意外と知られていない相続の回復請求権とは

相続人が相続権を侵害されたこと を知ったときから5年、もしくはそうぞく開始の時から20年以内に行使しないと時効消滅となります。

真正な相続人でない者(不真正相続人または表見相続人(戸籍上は相続人であるが、相続廃除などによって
相続権を失っている場合など)が相続財産を占有・支配していることがあります。
“意外と知られていない相続の回復請求権とは” の詳細は »

寄与分について主張する相続人は多くいる

規定する寄与をした者の請求により、寄与の時期、方法及び程度、相続財産の額その他一切の事情を考慮して、寄与分を定める。

貢献の度合いによって遺産分割が多くもらえるという特典が寄与分ですが、そしてその寄与分を引いた分を法定相続財産として分割します。
ただし、介護したからといってすべてが寄与分になるわけではありません。
“寄与分について主張する相続人は多くいる” の詳細は »

相続で親の土地に子供が家を建てる

マイホームのための贈与は親は自分の相続税対策にもなりますし子供はローンの負担も減るといったメリットがあります。

親の土地に子供が家を建てた場合、そうしてしまえばもう必然的に相続問題は起こらない・・・・のでしょうか。
じつはそうでもありません。
この場合でも子供が必ず土地を相続できるとは限りません。
“相続で親の土地に子供が家を建てる” の詳細は »

家族が円満にすすめる相続とはなんだろう

それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は相続手続きにおいて非常に効果的です。

相続でもめないために、どんな工夫が必要なのでしょうか?それは遺言です。マイナスの財産や負担を踏まえた遺言は非常に効果的です。相続ではなにをもらうか?ということばかりに目が行きがちですがもらうもののなかにはマイナス財産も含まれてしまいます。
“家族が円満にすすめる相続とはなんだろう” の詳細は »

小規模な宅地等の評価減の特例を相続でつかう

事業用や居住用に使っている土地は相続のときに評価額を大幅に下げてもらえるという特例を小規模宅地等の評価額の特例といいます。

事業用や居住用に使っている土地は相続のときに評価額を大幅に下げてもらえるという特例を小規模宅地等の評価額の特例といいます。ただし、一定の要件を満たさないと適用されません。また、この特例は相続税がゼロになっても申告は必要となります。
“小規模な宅地等の評価減の特例を相続でつかう” の詳細は »

生命保険金は相続の対象の財産ではない

特定の相続人が死亡保険金の受取人に指定されているときは、遺産分割や遺留分算定の対象になりません。

生命保険は相続対策に有効な活用をすることができます。特定の相続人が死亡保険金の受取人に指定されているときは、遺産分割や遺留分算定の対象になりません。保険金受取人の固有の財産になります。
それから相続放棄をしていても、保険金は放棄をした人も受け取ることができるのです
“生命保険金は相続の対象の財産ではない” の詳細は »

相続におけるいろいろな請求権

相続における返還、妨害排除って概念があるんで分っておこう、大事な判断の要素です。

物権的請求権
・・・・・(返還、妨害排除、妨害予防)物の所有者は、侵害者に対して、所有権にもとづく上記の物権的請求権を求めることができます。相続回復請求権は
・・・・・・・個々の相続財産についてのまとめ。

相続回復請求権を行使できる者
・・・・ 相続権を侵害されている真正な相続人。相続人から売買、 贈与などによって相続財産の譲渡を受けた者・・・・・特定承継人は、 相続回復請求権を行使できません。相続分の譲受人も相続人に準じて、 相続回復請求権を行使できます。
“相続におけるいろいろな請求権” の詳細は »

« 過去の記事