アーカイブ: 2011年9月

理由があると相続の廃除をできるのです

相続廃除は、そうぞく欠格ほどではないけれど、やはりそうぞく人として非行があり、そうぞく人になるのにふさわしくないとされた場合に、被そうぞく人からの申し出によってそうぞく権を奪うことです。

相続廃除は、相続欠格ほどではないけれど、
やはり相続人として非行があり、相続人になるのにふさわしくないとされた場合に、被相続人からの申し出によって相続権を奪うことです。
“理由があると相続の廃除をできるのです” の詳細は »

相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ

上場企業の有価証券の評価は株式の変動がありますが、被相続人が死亡した日の金額を目安にしたり、一定期間の平均金額を目安に評価することが一般的です。

上場企業の有価証券の評価は
株式の変動がありますが、死亡した日の金額を目安に
したり、一定期間の平均金額を目安に評価することが
一般的です。
“相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ” の詳細は »

相続における失踪期間について定めがある

相続における普通失踪 - 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
特別失踪 – 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

利害関係人の請求
失踪宣告がなされるためには利害関係人の請求が必要です。
不在者財産管理制度の請求権者とは異なり検察官は請求権者となっていない
(第25条1項・第30条1項参照)。
“相続における失踪期間について定めがある” の詳細は »

相続の申告期限までに遺産分割できないとき

期限までに遺産分割できなかった場合は、各相続人が法定相続く分どおり 相続したものとして税を計算し、申告と納税をします。

遺産分割協議かうまくいかない等の理由で、申告期限までに期限までに遺産分割できなかった場合は、各相続人が法定相続分どおり相続したものとして相続税を計算し、申告と納税をします。
“相続の申告期限までに遺産分割できないとき” の詳細は »

相続における動産の評価

一般的には相続における遺産分割時に新品か中古品として調達する金額の評価になります。

不動産以外のすべてのモノを「動産」といいます。
これも承継する財産の一部です。

宝石や家具や美術品、車両など様々なものがあります。

一般的には遺産分割時に新品か中古品として調達する
金額の評価になります。

また車両などは売却した場合の価額になります。
“相続における動産の評価” の詳細は »

相続した財産の評価はその後重要になる

遺産分割の際には土地や建物は時価によって評価されます。

相続財産の評価には様々な基準があります。
相続財産には権利、物品、金銭、不動産などが
代表的ですが保証人の地位や立場なども財産に含まれます。

相続財産は一艇を超えた場合は相続税の課税額を
出すために評価が必要になります。
“相続した財産の評価はその後重要になる” の詳細は »

身の回りの相続品とはなにがある

申請期間は法律により15日以内と決めれているので注意してください

車両(自動車など)や家具も財産に含まれる物です。
特に自動車はすべて登録されているものですから
不動産登記と同じく所有者が死亡した場合などは
所有権移転の手続きを踏まなくてはいけません。
“身の回りの相続品とはなにがある” の詳細は »

度を越す行為には相続の欠格という決まりがある

相続欠格は、許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の権利を、失わせること。

相続欠格は、相続を許すべきでないと考えられる重大な不正・非行をした者の相続権を、失わせること。相続欠格となる場合・・・・・
①被相続人や相続について先順位または同順位にあるものを故意に殺しまたは殺そうとしたために、刑に処せられた者。
②被相続人が殺されたことを知りながら、それを告訴・告発しなかった者。
“度を越す行為には相続の欠格という決まりがある” の詳細は »

相続の遺贈の目的物について

不動産(土地・建物)・動産・金銭は当然、遺贈できます。債権として、銀行・郵便預金も遺贈できます。営業権も同様です。

不動産(土地・建物)・動産・金銭は当然、遺贈できます。被相続人が所有していた物のみでなく、・不特定物・処分金(例・・・被相続人が所有する土地を売却し、売却代金を誰かに遺贈する)
“相続の遺贈の目的物について” の詳細は »

相続の特定遺贈の注意点

受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる。

①受遺者=遺贈により相続財産を与えられた者について

★受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる。
★法人・法人格がない団体(町内会・各種クラブや学会・宗教団体)
・国・県・市町村も受遺者となる。
★被相続人が死亡した時点で受遺者が胎児であった場合
胎児は既に生まれたものとみなされて遺贈を受けることが可能です
(民965・886)。
死産・流産の場合は遺贈は効力を生じない(民965、886Ⅱ)。
★相続開始時において設立中の法人に対する遺贈は、胎児に対する場合と
同様に遺贈できる。

●被相続人(遺言者)が死亡する前に、受遺者が死亡していた場合(同時に死亡した場合も同じ)や
受遺者が遺贈を受けるか否か不明な時点で死亡した場合

 

« 過去の記事