アーカイブ: 2011年9月

運動会の季節

当日は天候に恵まれ、暑くもなく、寒くもなく、快適な運動会でした。

9月23日は、子どもの小学校で運動会がありました。
6年生なので、小学校最後の運動会になります。

そのため、義理の両親も孫の運動会を見るために、九州から来てくれました。

当日は天候に恵まれ、暑くもなく、寒くもなく、快適な運動会でした。

闘争心のない息子は、騎馬戦では上はムリなので、馬になっていました。
徒競走では、見ているこちらには2位に見えましたが、4位に振り分けられてしまいました。
ばっちりビデオに撮っていたつもりが、応援に興奮してボタンを押してしまったのか、走っているところだけが撮れていませんでした。
「飛翔」というダンス?では、普段だらだらしている息子が、手や足をピシッと伸ばし、気持ちよい演技をしている姿に驚きと成長を感じました。

一番盛り上がるのは、やっぱりリレーですね。
私は足が遅くてリレーにはまったく縁がありませんでしたが、そういえば、好きだった男の子はみんなリレー選手だったなぁ、と別の感傷を抱きながら、子どもたちのリレーを見守るのでした。。。

理由があると相続の廃除をできるのです

相続廃除は、そうぞく欠格ほどではないけれど、やはりそうぞく人として非行があり、そうぞく人になるのにふさわしくないとされた場合に、被そうぞく人からの申し出によってそうぞく権を奪うことです。

相続廃除は、相続欠格ほどではないけれど、
やはり相続人として非行があり、相続人になるのにふさわしくないとされた場合に、被相続人からの申し出によって相続権を奪うことです。
“理由があると相続の廃除をできるのです” の詳細は »

相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ

上場企業の有価証券の評価は株式の変動がありますが、被相続人が死亡した日の金額を目安にしたり、一定期間の平均金額を目安に評価することが一般的です。

上場企業の有価証券の評価は
株式の変動がありますが、死亡した日の金額を目安に
したり、一定期間の平均金額を目安に評価することが
一般的です。
“相続で上場企業の有価証券の評価はこんな計算だ” の詳細は »

相続における失踪期間について定めがある

相続における普通失踪 - 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

失踪期間は30条に定めがあり、

普通失踪 – 失踪期間は不在者の生死が明らかでなくなってから7年間(30条1項)。
特別失踪 – 失踪期間は危難が去ってから1年間(30条2項)。

利害関係人の請求
失踪宣告がなされるためには利害関係人の請求が必要です。
不在者財産管理制度の請求権者とは異なり検察官は請求権者となっていない
(第25条1項・第30条1項参照)。
“相続における失踪期間について定めがある” の詳細は »

死亡した人に払われる退職金の相続

死亡の保険金の受取人が相続人である場合は、非課税の枠があります。

死亡保険金の受取人がそうぞく人である場合は、非課税枠があります。
すべてのそうぞく人が受け取った保険金の合計額が次の計算式によって
計算した金額までであれば、そうぞく税は課税されません。
“死亡した人に払われる退職金の相続” の詳細は »

相続における生命保険金の活用とは

生命保険金の請求権は指定された人のみということになり相続の財産には含まれないことになります。

生命保険に加入していると死亡により保険金が支払われることは
皆さんご存知の通りです。

この生命保険金も相続財産にカウントされます。
“相続における生命保険金の活用とは” の詳細は »

相続の申告期限までに遺産分割できないとき

期限までに遺産分割できなかった場合は、各相続人が法定相続く分どおり 相続したものとして税を計算し、申告と納税をします。

遺産分割協議かうまくいかない等の理由で、申告期限までに期限までに遺産分割できなかった場合は、各相続人が法定相続分どおり相続したものとして相続税を計算し、申告と納税をします。
“相続の申告期限までに遺産分割できないとき” の詳細は »

たくさんの事物が相続税のかかる財産だ

相続では贈与税は毎年1月1日から12月31日までの1年間に、親や他人から無料でもらった現金や不動産に対して課税されます。

(1) 相続財産…土地、借地権、建物、現預金、株式、
公社債、家具、電話加入権、自動車、ゴルフ会員権、書画、骨とう、
貸付金、未収金、立木等
(2) みなし相続財産…生命保険金、死亡退職金等
(3) 相続開始前3年以内に被相続人からもらった財産
(4) 贈与税の納税猶予の特例を受けていた農地等
相続税のかかるもの、かからないものがあります。
“たくさんの事物が相続税のかかる財産だ” の詳細は »

しっかりと相続税の申告と納税の仕方を知ろう

相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

「相続人は被相続人の死亡後10か月以内に申告書を提出して、税金を支払わなければならない」申告と納税の期限について相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

申告書を提出しなければならない人・・・・・・
同一の被相続人から財産をもらった人が2人以上いる場合は、個々に申告書を提出するのではなく、全員が共同で提出します。納税する必要のある人だけが申告書を提出。ただし、配偶者の税額軽減や、事業用
・居住用土地の評価減の適用によって相続税額が0となった人は、納税する必要がなくても、申告書を提出。

申告書の提出先・・・・・・・
申告書の提出先は、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署

納税の方法・・・・・・
住所、氏名、税額、申告先の税務署名等を記入。金融機関または税務署で納税します。

申告や納税をしなかった場合・・・・・
相続税額の15%の無申告加算税(悪質なときは40%の重加算税)税務調査のある前に自主的に申告したときは5%。

少なく申告した場合・・・・・
追徴税額の10%または15%の過少申告加算税(悪質なときは35%の重加算税になることもある)自主的に修正申告したときは加算税はありません。期限までに納税しなかった場合は、未納の税額に対して期限から2か月以内は年7.3%、その後は年14.6%の延滞税。

電車なら横浜が便利なので相続の相談に行きやすい
税務調査により修正申告する場合は、隠していた財産については、配偶者の税額軽減の対象とならない。相続税では、分割払いの延納や、現金以外の物で支払う物納が認められます。
www.souzoku-shien.net/

相続の場合抵当権付きの土地建物の一般承継

相続した不動産が抵当権設定されたものであった場合はどのようにするべきか。

相続した不動産が抵当権設定されたものであった場合は
どのようにするのでしょうか。

まず抵当権設定としての背景は以下にあたるものとされます。

1:被相続人が借金をしたために担保としての抵当権を
設定された

・・・・この場合相続人は借金を引き継ぐので債務者としての
支払い義務が生じます。
“相続の場合抵当権付きの土地建物の一般承継” の詳細は »

« 過去の記事