アーカイブ: 2011年2月

相続手続きにおける未成年の遺産分割協議

利害関係などの問題で子供の親が同じく相続人である場合など、子の相続の代理人になることはできない。

未成年が相続者の場合は特別代理人が選定される必要があります。
利害関係などの問題で子供の親が同じく相続人である
場合など、子の相続の代理人になることは
できません。未成年者と法定代理人の利益が相反する場合には
特別代理人の必要性が出てきます。

遺産分割の利益が相反する場合は次の通りです。

■親権者(または後見人)も共同相続人である。
“相続手続きにおける未成年の遺産分割協議” の詳細は »

ああでもないと悩むと遺産分割協議書が出来上がらない

相続による不動産手続きや相続税の申告の場合には遺産分割協議書が必要です。

遺産分割協議書は後日の争いを避けるために
証拠として作成しておく方がよいでしょう。
相続による不動産手続きや相続税の申告の場合には
遺産分割協議書が必要となります。

各相続人が遠地二住んでいる場合は各自が
郵送、転送をおこない同意後に署名や押印をして
作成することもできます。
“ああでもないと悩むと遺産分割協議書が出来上がらない” の詳細は »

相続で発生する不動産の分割ってどんなものだろう

相続で土地の遺産分割を行う場合のポイントは土地の評価金額のことを語る

(不動産についての財産分離の対抗要件)
第945条 財産分離は、不動産については、その
登記をしなければ、第三者に対抗することができない。
“相続で発生する不動産の分割ってどんなものだろう” の詳細は »

株式の相続や評価ってむずかしいね

株式については動産扱いとなり遺産分割協議の対象となります。

家庭裁判所が前項の請求によって財務分離を命じたときは、
その請求をした者は、5日以内に、他の相続債権者及び
受遺者に対し、財産分離の命令があったこと及び一定の
期間内に配当加入の申出をすべき旨を公告しなければならない。
“株式の相続や評価ってむずかしいね” の詳細は »

相続人が困らないように遺言を!

遺産を相続できないと困る人がいる場合、遺言がとっても重要です

お父さんが亡くなり、
相続人は長男、次男、三男の3人。
そして、長男は認知症、
次男意識はしっかりしているけれど、
下半身が動かず車椅子の生活という家族でした。

三男は兄二人の介護をしてあげたいが、経済的に厳しい。
だから、遺産を相続して、それで介護費用を出そうと考えていた。
“相続人が困らないように遺言を!” の詳細は »

UR賃貸と田舎の共通点が相続にもつながる

いなかでは、長男が全部を相続する家族があたりまえでした。

訳があり、先日UR賃貸へ姉が足を運んだ際、
そこへ住む小学生が、「こんにちは」と姉に挨拶をしたそうです。
私が小さな頃は田舎に住んでいたため、
登下校の際に近隣の方へ挨拶をするのは当たり前だったのですが、
なんだか、その話を聞いて新鮮な気持ちになりました。
UR賃貸のCMは現実にあったのだ!と実感しました。
“UR賃貸と田舎の共通点が相続にもつながる” の詳細は »

不思議な再会

ふだんの生活で相続にかかわる仕事をしていると、こんな不思議な再会もあるのかな。

「今こそ出発点」
そして、このあとにつづく数行の言葉。

この言葉に出会ったのは、もう7年前のことだと思う。
当時、司法書士の受験勉強真っ最中の時期、
試験が終わったと思ったら、母親の突然の死。。。

気持ちがボロボロになりそうなとき、
いつもこの言葉を見て、
気持ちを奮い立たせいた。
この言葉に何度救われたことだろう。
この本は、大平光代さんさんの本に書かれていた言葉です。
“不思議な再会” の詳細は »