アーカイブ: 2010年12月

愛人とその子の相続についての法律

戸籍上の相続人になっていない現状では無視されてしまうことになりますよ

妻以外の愛人の子に関しては、認知していない場合は相続はどうなるのでしょうか。
もし本当の子供であれば、非嫡子としての相続分は嫡子の子の半分の相続を持っていることに法律上はなっています。
“愛人とその子の相続についての法律” の詳細は »

法律できまっている相続の協議のこと

民法では、誰を相続人とするか、定めています。なお、その定められた相続人を法定相続人といいます。

被相続人の死後は相続人によってその遺産をどのようにするか、遺言がなければ協議により決定します。 もしその中で放棄したい相続人がいれば相続放棄申述受理証明書というものを発行して相続登記申請をすればよいのです。
“法律できまっている相続の協議のこと” の詳細は »

相続時に遺言書を発見したら やることがある

相続で遺言書を確認したら、封を開けず、家庭裁判所で検認手続きを受けましょう!

遺言書が発見されたらどうしたらよいでしょうか。まずその場ですぐに開封したりしてはいけません。たとえ第三者の立会があったとしてもです。遺言書の保管を委任された人や相続人、遺言書を保管している人たちは停滞なく遺言書は開封せずに家庭裁判所へ提出して「検認」の手続きをもらう必要があります。
“相続時に遺言書を発見したら やることがある” の詳細は »

有効にする為の相続した遺産分割の協議の進め方

遺産の分割協議は一部の相続者が除外された形では無効となってしまいます。だから戸籍の調査が先決です。

相続財産には、ものや権利が含まれています。
遺産の分割協議は一部の相続者が除外された形では無効となってしまいます。
“有効にする為の相続した遺産分割の協議の進め方” の詳細は »

選挙運動の寄付をして相続税を節税できるのか

相続に関し、研究機関や政治、文化の団体に会費や入会金や調査費用などの名目で税制上の節約をするとして政治献金を調達したりいろいろな方法をとっていることが多いです。

公職選挙法の適用を受けられる衆議院や参議院の議員選挙または都道府県の知事や市町村の選挙では立候補者が選挙運動のための活動資金として寄付を受けた場合は、選挙管理委員会に届け出たものにおいては贈与税が課税されません。
“選挙運動の寄付をして相続税を節税できるのか” の詳細は »

相続の遺言執行者 のことです

相続人の廃除、取り消し、の際には遺言執行者の選任を家庭裁判所に請求して遺言執行者が執行しますよ

民法1006

遺言者は、遺言で、一人又は数人の遺言執行者を指定し、
又はその指定を第三者に委託することができる。
“相続の遺言執行者 のことです” の詳細は »

かめさんの童話と息子の成長について

息子も成長すると、相続という言葉を発する時が来るんでしょう

「もしもしかめよかめさんよ」のかめさんの歌、
歌ってみると、正しい歌詞もわからないし、
なぜか最後のフレーズだけはずれてしまいます。

なかなか童謡も難しいものですね。
“かめさんの童話と息子の成長について” の詳細は »