アーカイブ: 2010年8月

複雑な相続時にする課税の精算制度です

「相続時精算課税」は、その後の親からの贈与を全て相続税対象とする制度です。

贈与時に贈与税があれば、その贈与額を控除して
納税するという制度のことです。

この内容については次の用に定められています。

○財産を贈与した人(贈与者)が65歳以上であること

○財産の贈与を受けた人(受贈者)が20歳以上の子である
(推定相続人)こと、また子がなくなっているときには
20歳以上の孫を含む。この年齢は贈与の年の1月1日現在のもの。
“複雑な相続時にする課税の精算制度です” の詳細は »

相続では年金はどう扱うの?

相続手続きで老齢厚生年金の資格期間を満たしていれば、遺族厚生年金がもらえる可能性はあります。

相続手続きで死亡した人に支払われる予定だった年金は遺族がその分の
年金を受け取ることもできます。
(未支給年金)受け取ることができる遺族は
死亡当時に同一生計であった配偶者 子、父母、孫
祖父母、兄弟等です。
請求は未支給年金請求書を提出します。この提出には
期限があります。年金受給者死亡届を一緒に提出してしまいましょう。

必要な書類は。
“相続では年金はどう扱うの?” の詳細は »

相続と年金受給者の死亡届

相続手続きにおいて、提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいます。

年金を受給している人や、年金受給待機中の人が
亡くなった場合は市区町村や社会保険事務所宛てに
年金受給者死亡届を提出します。
提出が遅れると死亡後も年金が振り込まれてしまいますので
提出期限はありませんが、そのような場合はさかのぼって
年金を返還する手続きが発生してしまいます。
“相続と年金受給者の死亡届” の詳細は »

死亡に備えた相続に関連する保険の契約者

みなし相続財産として保険金を含めた被相続人の総財産から各種の控除を差し引いて課税対象となる金額が出ます。

生命保険の契約で被保険者がなくなったときは
保険金受取人が保険会社に請求して保険金を受け取ります。

しかし先のような被保険者ではない
保険契約者がなくなったときには、保険事故は
発生しないことになりますので、相続人で
保険契約の継承者を決めて保険契約者の
名義変更を行うことになります。

必要な書類は以下の通りです。
“死亡に備えた相続に関連する保険の契約者” の詳細は »

相続と保険の契約者の名義を変更すること

当然に保険契約者である被相続人が死亡するまで保険料を負担していたという実際の証拠が残ることになります。

保険契約者が死亡した際に被相続人が保険契約者として
保険料を負担していても、被保険者が被相続人以外である
こともあります。

この場合には保険金が支払われないことになります。
この保険契約について、保険金受取人の指定、
保険金額の増減、契約解約の権利があるのは被相続人です。
“相続と保険の契約者の名義を変更すること” の詳細は »

相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握

借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。

故人が会社経営者で葬式を社葬にした場合には、社葬の費用は会社が支払いますので損金扱いとして算入することができます。ただし、葬式の際に受け取った香典は利益金として課税対象となります。
では、借金に関する控除について見てみましょう。
基本的に、借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。
“相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握” の詳細は »

相続では預貯金の申告もれに注意です!

預貯金や株式で相続財産とされるのは、相続時に存在している被相続人名義のもので、基本的に非相続人名義以外の株式は含まれません。

過去に収入のない配偶者名義の預貯金を所有にするためには
たとえば預貯金や株式で相続財産とされるのは、相続時に
存在している被相続人名義のもので、基本的に非相続人名義以外の
預貯金や株式は含まれません。
“相続では預貯金の申告もれに注意です!” の詳細は »

話をまとめられないと相続で裁判所を使う

相続人間で遺産分割の協議が調わないとき又は協議をすることができないときは、家庭裁判所に請求して調停分割又は審判分割するほかありません。

相続人間で遺産分割の協議が調わないとき又は協
議をすることができないときは、家庭裁判所に請求して
調停分割又は審判分割するほかありません。

申立てに必要な書類
“話をまとめられないと相続で裁判所を使う” の詳細は »

役所に行って自分の責任でする相続税の申告について

相続税が課税される場合には、遺産分割協議書を一緒に提出しなければ、法定相続分で相続税が計算されます

相続税の申告書は税務署に行って入手します。
これらに必要事項を記入して申告しなければいけません。
相続が発生すると、申告書は自動的に送られてくる
というわけではないので気をつけてください。

またすべてに記入する必要はなく必要のある部分だけを
記入すればいいことになっています。
“役所に行って自分の責任でする相続税の申告について” の詳細は »

« 過去の記事