アーカイブ: 2010年8月

複雑な相続時にする課税の精算制度です

「相続時精算課税」は、その後の親からの贈与を全て相続税対象とする制度です。

贈与時に贈与税があれば、その贈与額を控除して
納税するという制度のことです。

この内容については次の用に定められています。

○財産を贈与した人(贈与者)が65歳以上であること

○財産の贈与を受けた人(受贈者)が20歳以上の子である
(推定相続人)こと、また子がなくなっているときには
20歳以上の孫を含む。この年齢は贈与の年の1月1日現在のもの。
“複雑な相続時にする課税の精算制度です” の詳細は »

相続では年金はどう扱うの?

相続手続きで老齢厚生年金の資格期間を満たしていれば、遺族厚生年金がもらえる可能性はあります。

相続手続きで死亡した人に支払われる予定だった年金は遺族がその分の
年金を受け取ることもできます。
(未支給年金)受け取ることができる遺族は
死亡当時に同一生計であった配偶者 子、父母、孫
祖父母、兄弟等です。
請求は未支給年金請求書を提出します。この提出には
期限があります。年金受給者死亡届を一緒に提出してしまいましょう。

必要な書類は。
“相続では年金はどう扱うの?” の詳細は »

相続と保険の契約者の名義を変更すること

当然に保険契約者である被相続人が死亡するまで保険料を負担していたという実際の証拠が残ることになります。

保険契約者が死亡した際に被相続人が保険契約者として
保険料を負担していても、被保険者が被相続人以外である
こともあります。

この場合には保険金が支払われないことになります。
この保険契約について、保険金受取人の指定、
保険金額の増減、契約解約の権利があるのは被相続人です。
“相続と保険の契約者の名義を変更すること” の詳細は »

相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握

借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。

故人が会社経営者で葬式を社葬にした場合には、社葬の費用は会社が支払いますので損金扱いとして算入することができます。ただし、葬式の際に受け取った香典は利益金として課税対象となります。
では、借金に関する控除について見てみましょう。
基本的に、借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。
“相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握” の詳細は »

相続では預貯金の申告もれに注意です!

預貯金や株式で相続財産とされるのは、相続時に存在している被相続人名義のもので、基本的に非相続人名義以外の株式は含まれません。

過去に収入のない配偶者名義の預貯金を所有にするためには
たとえば預貯金や株式で相続財産とされるのは、相続時に
存在している被相続人名義のもので、基本的に非相続人名義以外の
預貯金や株式は含まれません。
“相続では預貯金の申告もれに注意です!” の詳細は »

話をまとめられないと相続で裁判所を使う

相続人間で遺産分割の協議が調わないとき又は協議をすることができないときは、家庭裁判所に請求して調停分割又は審判分割するほかありません。

相続人間で遺産分割の協議が調わないとき又は協
議をすることができないときは、家庭裁判所に請求して
調停分割又は審判分割するほかありません。

申立てに必要な書類
“話をまとめられないと相続で裁判所を使う” の詳細は »

生命保険金や死亡退職金にも相続税がかかるの?

相続税の対象となる生命保険金と死亡退職金について詳しく見てみましょう。

相続税に関して、こんな風に思われる方が多いようです。土地や家屋、預貯金などに相続税がかかるのは誰もが知っていることです。しかし、被相続人が亡くなった後の家族の生活費、子供の教育費などのために掛けていた生命保険や会社から受け取る死亡退職金にまで相続税がかかることを知らない方は案外多いのです。
これらは「みなし相続財産」と呼ばれ、本来の相続財産とは区別されています。では、相続税の対象となる生命保険金と死亡退職金について詳しく見てみましょう。
“生命保険金や死亡退職金にも相続税がかかるの?” の詳細は »

決まりを覚えておきたいのが相続税と死亡保険金

受取人が保険料を負担していた場合などは、所得税の課税対象となりますし、受取人以外の方が払っていた場合には贈与税の対象となります。

死亡保険金の場合、被相続人が生前に保険料を支払っていた分が対象となります。ですから、受取人が保険料を負担していた場合などは、所得税の課税対象となりますし、受取人以外の方が払っていた場合には贈与税の対象となります。
生命保険契約に関する権利は、たとえば被相続人が保険料を払い、配偶者である妻を契約者にしてかけていた生命保険の場合、被相続人である夫が死亡すると、その契約の権利は相続税のみなし相続財産となります。
定期金とは、定期的に支給されるもので年金などが該当します。定期金に関する権利は、生命保険契約に関する権利と同じく、たとえば、被相続人が配偶者である妻を契約者にし、保険料は自分で払っていたような年金契約などが、みなし相続財産の対象となります。
ただし、みなし相続財産は、一定額までは非課税財産として控除ができます。
“決まりを覚えておきたいのが相続税と死亡保険金” の詳細は »

会社設立と法人税を一から学ぶ

法人の所得にかかる税には、 地方税分である法人事業税、法人道府県民税や、 地方法人特別税などがあり、これらの税の影響をうけ、 法人には税率が課されます

連結納税制度と会計分野における連結会計とは、
その手法や目的が異なるため、例えば連結会計における
連結利益を基礎として課税連結所得を算出するようなことはありません。
“会社設立と法人税を一から学ぶ” の詳細は »

経営していく上で大事な会社設立と税金

会社の場合、本店所在地の都道府県や市町村に申告しますから、どこで税金を納めるか選ぶことができます。

地方自治体が課税を行う場合、通常使われる
税率は標準税率と呼ばれるものです。

これに対して資本金や所得に応じて、独自に
標準税率よりも低い軽減税率を設定したり、
高い超過税率を設定できることが認められているため、
税金の額に違いが生じてしまいます。


“経営していく上で大事な会社設立と税金” の詳細は »

« 過去の記事