アーカイブ: 2010年6月

会社設立と株主の責任

会社を設立すると売上が半分以下になろうとも必ずしも 倒産となるわけではありません。

株式会社の責任は、株主にあります。
もちろん、法人は別人格ですので、
負債は個人にはかかってきません。

現在の景気の中では売上が半分以下となる会社はたくさんあります。
売上が半分以下になろうとも必ずしも
倒産となるわけではありません。


“会社設立と株主の責任” の詳細は »

会社設立と金融機関

会社設立で融資実績を積みきちんと返済していけば、銀行からの信用が得られ、各銀行独自の融資の審査をパスし融資を受けることが可能になっていきます。

どの金融機関にあたってみるか?
国民政策金融公庫では、法人設立時に利用できる『開業準備資金融資』があります。はじめは、この国民政策金融機関や信用保証協会の保証付融資から融資を始めるのが一般的です。それはなぜなのか、またこの二つが何なのかを説明していきましょう。
“会社設立と金融機関” の詳細は »

会社設立と倒産

法人を作ることにより会社が詐欺などの刑事や民事訴追を受ける可能性が有る 場合も取締役の責任が訴追される場合も有ります。

会社の場合は、倒産しても、不況でも個人の財産は
守ることができます。

民事再生申請後、破産となり、倒産。
社員は民事再生時に、初めて会社の状況を知り、
自宅待機を命じられたままの倒産もあったと言います。
“会社設立と倒産” の詳細は »

ちょっと小耳にはさんだ会社設立と役員の住宅のこと

会社設立をするとその地域の不動産相場を参考に、実際の家賃の20~50%を役員の家賃負担金とするケースが一般的です。

役員が払うべき家賃の負担金は、
従業員の家賃負担金の計算式と同じく、
「土地及び家屋の固定資産税課税標準額」を使用して算出します。
“ちょっと小耳にはさんだ会社設立と役員の住宅のこと” の詳細は »

会社設立でさまざまな契約を結ぶことができるように

会社設立で、登記簿謄本やその他正式に登録されていることを証明することで、様々な契約を結ぶことが可能になります。

人間は生まれながら権利能力を持ち、様々な社会活動を営んでいきます。
個人の場合は比較的自由に制限なく様々な行動に出ることができますが、法人の場合はそうはいかず定款に記載された目的以外の行為をしてはならない制限であったり、
社会的にも決まりに従った生き方をしていかねばなりません。
“会社設立でさまざまな契約を結ぶことができるように” の詳細は »

会社を設立すると融資を受けやすいのだろうか

会社作る上で、安全で一般的な事業資金の調達先はこの銀行などの金融機関からの融資と言えましょう。

足りなくなった事業資金を借りる先としては、
まずは口座を持って日頃から利用している銀行や信用金庫でしょう。
そして一番、安全で一般的な事業資金の調達先はこの銀行などの金融機関からの融資と言えましょう。
しかし、個人事業者が銀行から融資を受けるのは
簡単なことではありません。
“会社を設立すると融資を受けやすいのだろうか” の詳細は »

会社設立で家賃補助も経費に

法人を作ることで会社の経費として支払っている家賃の補助をしてあげることもできます

従業員の住まいを社宅として家賃補助することも可能ですから、
独立しているお子さんや別居されているご両親などに仕事を手伝ってもらっている場合には、
法人の経費として支払っている家賃の補助をしてあげることもできます。
“会社設立で家賃補助も経費に” の詳細は »

会社設立には事業資金が必要

会社設立で事業を続けるためには運転資金がどうしても必要となってきます

事業資金がかかる!

事業を始めようと思ったときに、恐らく多くの人がまず考えるのが、

資金のことだと思います。

まず、準備にどれ位かかるか算出し、売上と支出予想を計算し、

ある程度の利益が継続的に出せるとわかってからスタートするのが普通です。

特にお店をオープンしたり、高額な機械や車両などが必要な業種では、

事業開始前からまとまった設備資金が要りようとなってきます。


“会社設立には事業資金が必要” の詳細は »

会社設立とリスク

会社設立後、倒産状態となった会社の財産をすべて財産の管理人のもと換価して、 返済を続けることを目的として行うのが法的整理です。

倒産した時の任意整理という私的な整理があります。

また法的に整理をすることもあり、万が一事業が失敗しても任意整理では

債務者と債権者が協議して財産関係を処理することがあります。

さらに話し合いで資産目的として行うか再生かを決めるのです。

法的整理の場合は、

任意整理と違って裁判所の管轄の中でおこなわれますので

監督される中での法的整理となります。


“会社設立とリスク” の詳細は »

会社設立と必要経費の関係性に関する記事

個人事業から法人化した場合、 仕事とは関係のない自宅の家賃であっても、 「役員社宅」という名目で経費にすることができます

自宅をオフィス兼用として使用している場合、

個人事業でも適切な範囲内であれば、

事務所家賃ということで必要経費として認められています。
“会社設立と必要経費の関係性に関する記事” の詳細は »

« 過去の記事