アーカイブ: 2010年3月

会社設立と各種社会保険について

社会保険の手続きは毎年1回、算定手続きを7月に行います。算定手続きとは、ここの従業員の4-6月分の給料の平均を計算し新しい保険料徴収額を社会保険事務所に届ける手続きですよ。

お給料からの天引きとはいえ社会保険は高額な負担となります。
ですが従業員の安全や健康管理、安心確保のためには
欠かせない仕組みとなっています。

良く手取りのお給料という言葉がありますが、
これらの社会保険にその他住民税などの税金を差し引くと
実際の額面より5-6万少ないお給料が戻ることになります。
“会社設立と各種社会保険について” の詳細は »

会社設立と確定申告について

会社設立で法人化すると、法人の青色申告での帳簿は、個人事業のように選択枝がなく、複式簿記のみになります

■法人の確定申告

しかし、法人となるともう少し複雑になります。自社で決めた各決算期末に、

1年間の会計処理・帳簿への記入を締めて、決算をし、原則その2ケ月後までに法人税、

地方税、消費税の確定申告をしなければなりません。法人にも、個人事業主と同じように、

白色申告と青色申告がありますが、ほとんどの法人は青色申告を採用しています。
“会社設立と確定申告について” の詳細は »

会社設立と余剰金の分配について

会社はいつでも自由に株主に剰余金の配当ができるのですが、さまざまな制約があって、個人事業に比べると煩雑です。

剰余金の分配について見ていきましょう。

会社は株主総会で、自由に余剰金を株主に配当できるのです。

株主はこの配当金で主旨金に対するリターンを出します。

しかし会社法では最低資本金の制限がありません。
経費の支払いに充てるお金まで株主に支払うわけにはいきませんね。

“会社設立と余剰金の分配について” の詳細は »

会社設立を行うと法人として、いろんな手続きができますよ

個人事業者が借りる場合と法人の場合とでは、いろいろなことが異なります。信用力であれば、法人になったほうが色んな取引ができますよ。

■法人化― 信用が増大するとどんなメリットがある?

法人化すると、法人名義で銀行口座を開くことができ、法人として銀行から融資を受けることができます。これも法人という「信用」があるからです。

“会社設立を行うと法人として、いろんな手続きができますよ” の詳細は »

会社設立で信用力アップ

会社設立を行うと名や本店所在地、設立年月日、目的(事業内容)、資本金、代表者や役員の氏名、代表者の自宅住所などの基本的なことが登記されます。

■事業に最も大切なものとは?

個人事業を法人化してプラスになる点はたくさんあります。交際費や出張時の日当が経費となること、消費税の分割納税、赤字の繰越控除、相続税対策、決算期の自由な設定等々。さらに、目に見えない大きな利点があります。それは『信用』です。事業には『信用』が不可欠です。お客さんのからの信用、仕入業者や取引先からの信用があってこそ商売が成り立つことは、皆さんの方が痛いほどご存知だと思います。この事業にかかせない「信用」が法人化するとアップするというのは、どういうことなのか見ていきましょう。
“会社設立で信用力アップ” の詳細は »

会社設立と利益分配

株主と取締役は当然会社からお金を受け取ることになりますが取締役は法人から役員報酬や役員賞与という形で受け取ります。

個人の事業主、またはサラリーマンだった人が独立して
作る法人としては、株式会社が普通です。
そこで株式会社として考えてみましょう。

株式会社は出資者である株主と、
法人の経営部分を扱う「取締役」という二つの「機関」が
必要ということになっています。
“会社設立と利益分配” の詳細は »

定款を熟慮して作成したので完璧だ

定款を変更するには3万円の印紙代、登記の手続きを司法書士に依頼することとなればさらに手数料がかかりますので、会社設立時にしっかりとしたものを作成しましょう!

定款に記載されていない事業を開始する場合には
法務局で定款変更の手続きをする必要があります。
“定款を熟慮して作成したので完璧だ” の詳細は »

会社設立と事業資金について

個人事業主特有の勘定科目に『事業主貸勘定』と『事業主借勘定』がありましたが、会社設立後の勘定科目にはどんなものがあるのでしょうか?

■法人の場合

法人での似たような勘定科目としては、『役員貸付金』と『役員借付金』があります。

『役員貸付金』とは、法人の役員個人(主にはその会社のオーナー社長)

がその法人のお金を持ち出した時に、記載する科目です。
“会社設立と事業資金について” の詳細は »

会社設立と経費について

 『事業主貸勘定』は、個人事業主が、事業とは関係のない費用のためにお金を引き出した場合に使います。しかし、会社設立で法人化すると、事業主でも、会社の資金から、借入はできません。

■事業資金を自由に引き出せる個人事業と、そうでない法人
個人事業では、事業で得たお金を個人として使うために自由に出し入れできます。

また、事業資金が足りない場合など、個人のお金を事業に当てることもできます。

税務上は何の決まりもありません。ただ個人生活と事業を安定させ、
事業を計画的にすすめるには、個人の生活費と事業用の資金を明確に区別しないと、
事業の実際の利益がわからなくなってしまい、計算上は利益があるのに実際は思っていた以上にお金がない、
というようなことが起こり仕入れ等でいろいろな困難が生じてきます。


“会社設立と経費について” の詳細は »

« 過去の記事