アーカイブ: 2010年2月

過払い金請求の前にいつから借りたのか調べてみる

過払い金請求には、実際にサラ金業者が利息制限法違反をしているかどうかを確かめるためには、証拠が必要です。

■いつ借りたのか?を調べる

実際にサラ金業者が利息制限法違反をしているかどうかを確かめるためには、証拠が必要です。
いつ最初に借りたのか?という証拠です。これがあると過払い金を計算する上でかなり役に立ちます。
なぜならそれをもとに、サラ金業者との契約内容を調べ、違法があれば訴えることができるからです。
“過払い金請求の前にいつから借りたのか調べてみる” の詳細は »

過払い金、契約書がない!そんなときは?

過払い金返還請求を行う方のなかには、複数のサラ金から小口の借り入れを繰り返していて、どこにいくら借りて、いつ返済を終えたかなどを覚えていないことが多いのですよね。ではどうすれば?

手元に借入契約書が残っておらず、
いつから借りたかがわからない、
複数のサラ金から借りたため、
どの会社にいくら借り、
いくら返したかがわからないという場合にはどうすればいいのでしょうか?

借入契約書がない場合には、借入をした頃の生活状況や働いていた会社などを思い出してみましょう。
サラ金からお金を借りるのですから、家族が長期入院をしたり、
車で事故を起こしたりと、生活の中で急にお金が必要になったのかもしれませんし、
不景気から給料が下がったり、ボーナスがカットされたり、子供の進学費用が足りなくなったりしたかもしれません。
“過払い金、契約書がない!そんなときは?” の詳細は »

返還の請求と取引の履歴がない場合の方法

サラ金業者が取引経過を開示しない場合に、手元にある契約書や領収書などの資料、当時の記憶をもとに推定して引き直し計算をし、払いすぎた額の請求額を算出する方法

払いすぎた額の返還請求をする際に必要となる取引経過(取引履歴、取引明細書)ですが、
サラ金業者がどうしても開示したがらない場合、どうすればいいでしょうか?
“返還の請求と取引の履歴がない場合の方法” の詳細は »

債務整理の中のひとつ!特定調停とは?

裁判所が、借主と貸主その他の利害関係人との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働き掛ける特定調停というのもあります。

手続きの中でも、特定調停とは日本の民事調停手続の一種であり、
債務者の調整促進のため、支払い不能に陥らないように
するための経済的な再生と特定債務者の経済的再生に資するためになされる、
特定債務者及びその債権者その他の利害関係人の間における
利害関係の調整に係る民事調停のことです。

当該調停の申立ての際に特定調停手続により、
調停を行うことを求める旨の申述(特定調停法3条1項)が
あったものをさします(同法2条3項、2項)。
“債務整理の中のひとつ!特定調停とは?” の詳細は »

会社設立で経営者の生命保険料も経費?

会社設立で法人を行うと、退職金にも用意することができる

■法人: 経営者の生命保険料も、会社の必要経費に

 もしもの時のために、生命保険にはいっている個人事業者がほとんどだと思います。
この保険料、月々の支払を負担に感じる方も多いのではないでしょうか?
ご存知のように生命保険料控除というのがあり、確定申告で控除の申告をすることができますが、
控除額はわずかです。
年間10万円以上の保険料を払っていても、一般の生命保険料控除で上限5万円、
同じく年金生命保険料控除で上限5万円の合計最高10万円が生命保険料控除額となるだけです。

“会社設立で経営者の生命保険料も経費?” の詳細は »

会社設立における必要経費

法人として事業登録した方が税金面でメリットがある

■会社設立で必要経費になる?

個人で事業を行なっている自営業の人の多くは、法人として事業登録した方が税金面でメリットがあるのでは、
と考えたことが一度はあるはずです。
具体的に何がどう違うのか、どちらが得なのか個人事業主であれば、誰でも知りたいと思います。

そこで今回は、法人化することによって必要経費として処理できる、出張手当と生命保険料についてまとめてみました。

“会社設立における必要経費” の詳細は »

カレー専門の福神漬けあります!(うちの会社に)

「カレー専門の福神漬け」を扱う会社があるらしい!

福神漬けってありますよね。
ラジオで流れていました。

「カレー専門の福神漬け」を扱う会社があるらしい!
「???ちょと待てよ」
福神漬けをカレー以外とセットで食べることってまずないよね?
きっと、ほとんどの方も同じですよね。
“カレー専門の福神漬けあります!(うちの会社に)” の詳細は »

会社設立でかかわってくる保険料などについて

会社設立で保険料の全額を必要経費に算入することで、節税!

個人事業では、生命保険料については所得から控除することが
可能です。

本来所得税法では、個人事業主が支払った生命保険料を必要経費に算入することは認めていないのですが、

「保険金、年金などの受取金を本人、または親族とする生命保険契約や
個人年金契約の保険料を支払った場合は一般の保険料で年間5万円、
個人年金保険料で年間5万円の合計10万円を所得から控除することが
できます。
“会社設立でかかわってくる保険料などについて” の詳細は »

« 過去の記事