民法にある家族法を考える

相続放棄をすることによって、借金を背負わなくてすみます

相続放棄は、マイナスの財産を引き継がないだけでなく、プラスの財産を引き継ぐこともできません。

人が亡くなると、その人が生前に持っていた一切の財産は、相続人が受け継ぐことになります。
“相続放棄をすることによって、借金を背負わなくてすみます” の詳細は »

相続財産から葬儀費用を支出したら放棄できないか

借金を残して亡くなったご家族も、しめやかに送り出してあげたいですね。

民法には相続放棄という制度があります。

相続放棄すると、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったこととなり、亡くなった方のプラスの財産も、マイナスの財産も相続しません。

ですので、亡くなられた方のプラスの財産よりマイナスの財産が多い場合は、相続放棄した方がいいということになりますね。
“相続財産から葬儀費用を支出したら放棄できないか” の詳細は »

相続とはこういう風にできています。

贈与で得するために利用できる制度はなんでしょうか。それは「住宅取得等資金非課税特例」、」をうまく利用することです。

相続税とは、
基礎控除 5000万円+1000万円×法定相続人の人数を差し引いた額に対して相続税が課税されるもの。基礎控除が大きいので実際に相続税として課税されるのは、相続件数の5%に過ぎません。
“相続とはこういう風にできています。” の詳細は »

相続の開始ってどういう意味でしょうね

日本の相続は包括承継主義 といわれるものです。日本やドイツなどでこの方法が採用されています。

相続(相続)とは

・一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続といいます。自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること、と定義付けられています。死亡を原因としない生前相続の制度も存在しています。
“相続の開始ってどういう意味でしょうね” の詳細は »

遺言と相続の手続きを知って確実にすすめよう

子などの直系卑属がいない場合には、直系尊属が、直系尊属もいない場合は兄弟姉妹が相続人になりますよ

●遺言とは自分が死んだあとに財産(遺産)の処分や受け継ぎ方について
公的に残るものとして表しておくことです。
特に法律が保護するものとしては遺産の処分方法
“遺言と相続の手続きを知って確実にすすめよう” の詳細は »

不動産とこれを相続の時に評価する方法

奥行きの距離が長すぎる場合も使い勝手が悪いと考えられ、評価は低くなります。

■財産評価の原則
相続税を計算する上で、財産はすべて時下で評価することになっています。
宅地の評価には国税が地域ごとに指定する、路線価方式と倍率方式があります。この路線価は、国税庁のホームページでもみることができます。
“不動産とこれを相続の時に評価する方法” の詳細は »

相続税の計算方法はちょっと分りにくいといえよう

相続人または被相続人が相続の日からさかのぼり、5年以内に国内に住所を所有していた場合、国内、国外にあるすべての財産が課税対象です

相続前のかかる人と財産については以下のような
規定の素に行われています。
“相続税の計算方法はちょっと分りにくいといえよう” の詳細は »

統計から相続税について見る

相続人が受け取った財産は、その額が一定以下であれば相続税はかかりません

相続税と聞くと「高い」とイメージされる方が多いようですが、実際に相続税とはどのようなもので、どれくらいの税率なのでしょうか?
相続税とは、亡くなられた方(被相続人)の財産を相続したときや、遺言・遺贈により財産を相続したときに発生する税金です。実は、相続人が受け取った財産は、その額が一定以下であれば相続税はかかりませんので申告する必要がなく、実質ゼロということになります。
“統計から相続税について見る” の詳細は »

相続と贈与を考えると税金にも有効です

贈与は当事者の一方が自己の財産を無償にて相手方に与うる意思を表示し相手方が受託を為すによりその効力を生ず

相続や遺贈とまぎらわしいものに「贈与」があります。「生前贈与」という言葉は、最近よく耳にしますが、贈与は「これをあげます」と財産を贈る側と、「では貰います」と贈られる側との間に交わされる契約となります。
“相続と贈与を考えると税金にも有効です” の詳細は »

相続と生命保険について

亡くなった方の死亡時に保険金を受け取ると「みなし相続財産」として相続税がかかりますよ

生命保険はみなさんかけておられますか?

自分が生命保険をかけるときには、「死亡した場合」
「病気をした場合の医療保険」「貯蓄がわり」
というようなイメージがあるのではないでしょうか?
“相続と生命保険について” の詳細は »