相続税とはどんな税金なのでしょう

相続とは、亡くなった人の財産を親族などが引き継ぐことですが、
この引き継いだ財産にかけられる税金を相続税といいます。
なぜ、亡くなった人の財産を引き継ぐと税金がかかるのでしょうか。

財産は本来、働いててに入れなければなりませんが、相続では、
働かずに財産を手に入れることになります。それは、働いて
財産を手に入れる人から見ると、不公平であるといえます。

そこで、財産を受け継いだ人から国が税金を徴収し、その富を
広く社会に還元することを相続のるルールとしたのです。

これを「富の再分配」といい、相続で財産を引き継いだ場合に
税金を課せられる理由です。

相続で、財産を引きつで、一定の金額を超えた場合は、相続税の
申告を行わなければなりません。

相続税の計算はまず、引き継ぐべき財産事態にかかる相続税額を
算出し、その税額を個々の相続人が引き継いだ財産に応じて、
配分することにより算出します。

«