どのような場合に信用保証機関に載るのでしょうか?

一体どんなことをすればブラックリストに載るのでしょうか?
実際にはブラックリストなる一覧リストや名簿のようなものが存在するのではありません。

クレジットカードやカードローン、住宅ローンなどが契約できないことを一般的に「ブラックリストに載る」と呼ばれているだけなので
リストが存在するのではありません。
それではブラックリストに載る条件を見てみましょう。
①61日以上3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるもの
一般的には3ヶ月以上の支払い遅延、1~2ヶ月の支払い遅延が何度もあるなどの「信頼を著しく損ねる契約不履行」があると、
事故情報(ブラック情報)として登録される可能性があります。
②債務整理を行った場合
自己破産や任意整理を行った場合はブラックリストに載ってしまいます。
ただし「過払い金請求を行った場合もブラックリストに登録される」と思われていますが、過払い金に限っては対象外とされています。
③多重申込をした場合
④クレジットカード現金化などを利用する
⑤携帯電話の支払いが滞っている場合
なお、公共料金の支払いが滞納している場合はブラックリストには載りません。

«
»