遺言は公正証書遺言で作成することをお勧めします

遺言には幾つか種類があります。そのなかでもお勧めしたいのが公正証書遺言です。

今日は、この公正証書遺言のメリットとデメリットをお伝えできればと思っています。

まず、メリットですが
①公証人という専門家が作成するため、遺言そのものが無効になる可能性が非常に少ない。
 ご自身で書いた遺言は、法律上の要件を満たしていない等の理由で、無効になる可能性があります。

②遺言をご自身で保管する必要がなく、遺言が発見されない等の可能性がないです。
 ご自身で書いた遺言は、どなたかに遺言の存在を伝えておかないと、発見されないままになる可能性があります。
 その点、公正証書遺言は公証役場という役場に保管されており、いまでは、検索もできます。

③家庭裁判所での検認手続が不要
 これが最大のメリットではないでしょうか。あまり知られていませんが、ご自身で書いた遺言書は
 遺言者の死後、家庭裁判所で検認手続きをする必要があります。
 必要書類の収集等、相続人の負担は大きいものとなります。

次にデメリットです。

①公正証書遺言の作成には証人が2人以上必要です。知人にお願いすると遺言の内容が漏れる可能性があります。

②遺言作成の際に公証人への手数料がかかる
  公証人の手数料は数万円程度かかります。ご自身で遺言を書く場合は、もちろん無料です。

遺言には種類があります。それぞれのメリットとデメリットを理解したうえで、最適な遺言を選択したいですね。

«
»